2017年01月05日

史上初の箱根駅伝3連覇に、大学駅伝3冠とは、稀代の名将ですよ、青山学院大学の原晋監督は・・・「理不尽な上下制度 奴隷的指導ぶち壊した」の見出しを見ても、いろいろなスポーツに応用できるはず、見習わないと

少し遅くなってしまいましたが、
昨日の箱根駅伝の結果について
一言。

私はニュースでダイジェストしか
見られませんでしたが、今年も
強かったですねえ、青山学院大学は。

なにしろ、箱根駅伝を3連覇もすごい
ですが、大学駅伝3冠も3年連続。

言ってみれば、「9連覇」ですよ。

こんな強いチーム、プロのスポーツの
世界でもなかなかない。

その青学を率いたのは、言わずと知れた
原晋(はらすすむ)監督です。

この人は、稀代の名将ですよ。

こういうタイプの指導者は、あまり
見たことがない。

今日、私は日刊スポーツでじっくりと
記事を読みましたが、2面から3面に
かけて、次の見出しが大きく掲載
されていました。

「理不尽な上下制度 奴隷的指導
ぶち壊した」

これに尽きます。

そもそも、陸上に限らず、日本の
スポーツ界では「理不尽な上下制度」
はもちろんのこと、指導者の「奴隷的
指導」が当たり前とされてきました。

しかし、原監督はそのどちらも否定
しては、3年連続でこれ以上ない結果を
残したわけです。

原監督自身が学生時代、理不尽な
上下制度に疑問を抱いたことが原点
であったことが今日の日刊スポーツ
にも書かれていましたが、これを
実際に指導者になってから貫徹する
ことは至難の道だったと思いますよ。

OB等、外野の声だって入ってくる
わけだしね。

しかし、そのしがらみも一切構わず、
我が道を突き進んだわけです。

すごい男ですよ、原監督は。

国民栄誉賞ものでしょう、はっきり
言って。

原監督の指導方法は、いろいろな
スポーツに応用できるはずです。

いまだに、部活でのいじめや、
指導者の暴力等、どのスポーツでも
問題が絶えません。

指導者にとっては、原監督の指導法は
必ずや、役に立つはずです。

なにしろ、完全無欠の結果を出した
のですから。

見習わないと。

1年だけなら、他の監督でもできた
でしょう。

原監督は3年続けたわけです。

素晴らしいね。

絶賛したい。



*原監督の本、私も読みたいと思います。↓




posted by あらやまはじめ at 00:01| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駅伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村