2017年05月21日

予想以上に多かった「村田諒太 判定負け 不可解」の一面・・・KOすれば誰も文句は言いませんよ、再戦してほしいですね

今日のスポーツ紙は、「競馬が全紙
一面だろう」とあまり期待しては
いませんでしたが、コンビニで
チェックしたら、3紙が「村田」の
デカ字を一面に持ってきていました。

やっぱり、まだまだボクシングの
人気も捨てがたいなあ、と思い
ましたね。

オリンピックで金メダルも獲得
した村田諒太の初の世界戦。

昨晩、地上波でも中継がありました
が、私は見ていませんでした。

作業がたまっていたこともあります
が、娘が全くと言っていいほど興味を
示さないんですよ、ボクシングに。

私が好きな相撲は見ますし、私以上に
プロレスも見るのですが・・・。

私も昔と比べれば、ボクシング中継は
見なくなりました。

何度か当ブログでも指摘しましたが、
「団体が多すぎて、だれが世界一
なのか分からない」という分かり
にくさが一番大きい。

昔はWBAとWBCしかなかった。

分かりやすかった。

今は何団体あるんですか?

よほどのボクシングファンでない
限りはだれも答えられないでしょう。

これでは、なかなかボクシングに
目を向けようという機運は生まれ
ません。

村田の場合、オリンピックで金メダル
を獲得したこともあり、注目度は
高かったですが・・・。

判定負けでしたか。

私も見ておらず、今日購入した東京
中日スポーツの一面記事でしかチェック
していませんので、何とも言えません
が・・・。

もし、そこまで判定が不可解という
ことであれば、村田サイドは再戦を
要求すべきでしょう。

そして、KO勝ちすればいいんです。

そしたら、誰も文句は言いません。

結局、KO勝ちしないと、こういう
「疑惑の判定」というのは、昔から
あることでしてね。

思い出すのは、渡嘉敷勝男さんの
防衛戦ですよ。

あれは、確か、私が小学5年生
くらいの頃ですから、1980年頃
だったでしょうか。

村田とは逆に、見ていて、子供心
にも「渡嘉敷は負けた」と思って
いたら、まさかの判定勝ち。

具志堅用高さんが13回の防衛
記録を達成し、その「後釜」として
期待された渡嘉敷さんでしたから、
「何かの力が働いたのでは?」と
子供でさえ、勘繰った。

いまだに覚えているくらいです
から、ボクシングの判定という
ものは、昔から怪しいんですよ。

村田はすぐにでも再戦をして、
今度はKO勝ちすればいい。

何が何でも。

私が見た中で最強のボクサーは
マイク・タイソンで疑いがない
ですが、タイソンはすべてKO
勝ちでしたよ、勝った試合は。

KO勝ちだったからこそ、その抜きん
でた強さが印象に残っている。

村田にもそうあってほしいもの
です。


*いい男であることは間違いない、
「がんばれ、村田!」と応援したい。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT [ 村田諒太 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/5/21時点)






posted by あらやまはじめ at 19:49| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村