2021年04月13日

【祝!】松山英樹のマスターズ初優勝を愛でる!・・・今年一番の明るいニュース、考えられないことを達成してくれたことに感謝の念でいっぱいです!

夜も遅いので手短かに参ります。

松山英樹、マスターズ初優勝!

(*松山のカレンダーです。↓)




これがどれだけすごいことなのかは、
ニュースや新聞でもさんざん伝え
られていますので、ここでは割愛
しますが、例えてみれば、そうです
ねえ、「日露戦争で日本がロシアに
勝った」くらいの衝撃と言っても
いいかもしれません。

それくらい、考えられないこと
でしてね。

ゴルフの4大メジャーで日本人選手が
勝つのは史上初めて。

私もそうですねえ、新聞記事のみの
情報も含めれば、1970年代後半くらい
からゴルフの情報には身近に接して
きました。

今は亡き父がゴルフ好きでしたし。

幼少期の私にとって、「海外で強い
日本人ゴルフ選手」は青木功さんでした。

ジャンボこと尾崎将司さんは、日本では
敵なしでしたが、海外ではことごとく
敗れては、父もいつも嘆いていました。

中島「トミー」常幸さんは、全米プロで
3位になったことが印象に残っています。

日本ゴルフ界における、3大スターで
ある「AON」でも、海外メジャー大会
で優勝することは叶わなかった。

その後、一時代を築いた丸山茂樹、
伊沢利光といった、90年代のゴルフ界
を代表するスターたちでさえ、4、5位が
最高位でした。

その後、きら星のように現れた石川遼は
15歳で史上最年少優勝を日本のゴルフ
ツアーで達成すると、17歳で日本ゴルフ
界で賞金王に輝きました。

しかし、その石川遼も、メジャー大会
では目立った成績を挙げられず、その後
しばらく低迷しました。

その石川と同学年で後に台頭してきた
のが松山英樹というわけです。

正直、松山というのは、石川と比べれば、
見た目からして「陽と陰」とでもいうべき
対照的な存在でして、世間の人気も石川が
圧倒的でした。

そんな中で、松山はプロデビューすると、
石川を超えて、すぐに賞金王となります。

今から10年前、アマチュアだった時に
松山はマスターズに初出場しました。

しかし、一時期いい結果を出したかと
思えば、その後はなかなか浮上できず、
私も松山は、言葉は悪いですが「過去の
人」と思い始めていました。

そんな中でのこの快挙。

初日から首位に立ちましたが、その時点
では、言葉は悪いですが「最初だけだろう、
いつものように」と、全く期待はして
いませんでした。

ようやく「ひょっとしたら」と思い始めた
のは昨日の3日目ホールアウト後です。

首位の松山が2位の選手に4打差を付けて
いる!

こりゃあ、分からんぞ!

そして、今日です。

私も仕事中で、スマホの速報でしか見る
ことはできませんでしたが、松山が初優勝!

まあ、愛でたいですね。

素直に。

10年間、マスターズに出続けてきて、いろ
いろと悔しい思いもしてきたでしょうし、
ふて腐れることもあったはず。

そんな中でねえ、よくぞ、耐えて耐えて、
勝ちましたよ。

最終的には、今日も1打差での優勝でした。

本当に、愛でたい!

今年一番の明るいニュース。

コロナ禍で暗い世相の中、これだけの明るい
ニュースを提供してくれた松山には感謝の念
でいっぱいです!

まあ、そろそろ寝ますので、今日はこの辺で。

また、特筆すべきことがあれば追記しますね。



*ゴルフの歴史に関する本を集めてみました! ↓







posted by あらやまはじめ at 00:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村