2020年06月01日

【無念】「まゆゆ」、渡辺麻友ちゃんの芸能界引退について一言・・・思えば26歳、ゆっくり休んで、病気を治して、結婚したっていい・・・私も含めファンがまゆゆに求めすぎたのかもしれません

今日の午後になって、突然入ってきた
「まゆゆ」、渡辺麻友ちゃんの芸能界
引退のニュース。

私もかつては「まゆゆ推し」でした
ので、大きなショックを受けました。

ここ最近、あまりその姿を見ないなあ
と思っていましたが、まさか病気に
かかっていたとは・・・。

しかも、芸能界を引退しなければなら
ないくらいの病気ということですから、
ただごとではありません。

その病名については公表されていま
せんが、公表していないということは
「ファンにショックを与えかねない
病気」なのであろうことは容易に想像
できます。

ですので、詮索はしまい。

知らなくていいことだって、世の中
にはあるんです。

病気が原因とはいえ、まゆゆの「芸能界
引退」は「芸能界引退」なんですよ。

「芸能界引退」。

大事(おおごと)です。

これまで、余程つらかったのでは・・・。

今日、ニュースでまゆゆの年齢を聞いて、
「26歳になったのか」と感慨深い思いに
浸った中年のファンは私だけではあるまい。

私がまゆゆのソロデビューシングルを買って、
よみうりランドでのイベントに娘の名前を
借りて応募し、当たったのはもう10年ほど
前のことです。

(*コチラですね。↓)




当時小学生の娘も連れて、まゆゆを間近で
見たのですが、現在社会人の娘はいまだに
「なんで、私の名前を使ったの」と怒って
います。

あと、20年、いや、30年くらい経ったら、
父親の私の気持ちも分かってくれるだろう
と思っています。

私の名前を使うより、娘の名前を使った
方が抽選に通るのではと思ったことも
事実ですが、トップアイドルを眼前で
見る機会など、なかなかない。

そういう機会を娘にも与えたかった。

単純に私がまゆゆを見たかったという
こともありますが・・・。

私だって、50歳近くになって、私が若い
頃の両親の思いがなんとなく分かって
きたように感じています。

年齢を重ねないと、分からないことは
多々あります。

もう、しょうがないですよ、こればかりは。

なぜ私がまゆゆ推しになったのか、それは
「正統派アイドルの継承者」だと直感的に
思ったからです。

私が青春時代に虜になった数々の80年代
アイドルの面影を、AKBの中で最も残して
いたのが、まゆゆです。

「まゆゆのおかげで、AKBを好きになった」
とも言えます。

しかし、そんなまゆゆも数年前にAKBを卒業し、
私はAKBに対する興味を急速に失いました。

もう、最近は「ゆきりん」、柏木由紀ちゃん
以外のメンバーは全く分かりません。

でもねえ、私が虜になった80年代アイドルは
皆、個人個人で活動していました。

ソロでね。

グループのアイドルはほとんどいなかった。

そう思えば、これが正常な姿なんじゃない
かなあ。

まゆゆの芸能界引退は無念ですが、これだけの
大きな決断をしたんです、まずはゆっくり休んで、
病気を治して、なんなら、その後結婚したって
いい。

中学生の頃から芸能界で一途に頑張ってきたん
です。

私も含めてファンはまゆゆにいろいろなことを
求めすぎたのかもしれません。

個人的には、まゆゆが芸能界を引退しても、
元気でいてくれればそれでいい。

表に出てこなくたって構わない。

見たいのはやまやまですが・・・。

結構なことじゃないですか。

本人が休みたいと言っているのだから、
そろそろ、まゆゆを休ませてあげましょうよ。




*文春から出ている電子書籍、これは知りません
でした、見たいね。↓




posted by あらやまはじめ at 21:22| 神奈川 ☔| Comment(0) | 芸能全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村