2020年02月24日

【オープン戦10割!】DeNAの新外国人選手、タイラー・オースティンは本物か?・・・オープン戦とはいえ、私は本物と見ます、というのも・・・

プロ野球のオープン戦が始まって、ほぼ
一週間。

当ブログでは全く取り上げていません
でしたが、日々、スポーツ紙はチェック
しており、徐々に注目すべき選手も出て
きました。

その筆頭は、何と言っても、DeNAの
タイラー・オースティンでしょう。

今年最初の巨人とのオープン戦で2本の
ホームランを放ち、在京スポーツ紙3紙
で一面。

そして、昨日はやはりオープン戦の中日
相手に2本の二塁打を放ち、ここまで
オープン戦では5打数5安打の10割!

また、今日は日本ハム戦で「佑ちゃん」
こと斉藤佑からオープン戦トップとなる
3号ホームランを放った。

今日、私はこのオースティンを唯一、
一面に持ってきた日刊スポーツを購入
しましたが、その一面の写真を見れば、
「これはうまい打ち方をしている」と
素人目にも分かります。

インコースに来たストレートをうまく
腕をたたんで、打っています。

こういう打ち方ができるということは、
相当、バットスイングが速いという
ことですよ。

スイングが速いからこそ、ボールを
直前まで見極めることができる。

だから、インコースのストレートにも
対処できる。

オースティンは、ヤンキースで初打席
初ホームランを放つなど、大リーグで
通算33本のホームランを放っている
ようですが、三振も多いことが懸念
材料として伝えられていました。

もちろん、日本のピッチャーも変化球
に関しては大リーグに負けずとも劣ら
ない技量を持っていますから、シーズン
が始まって、オープン戦のように打てる
かどうかは分かりません。

ですが、昨日のように、インコース、
しかも相手は昨年のセリーグ防御率
1位の中日の大野ですからね、その
好投手からいとも簡単にヒットを
打てたということは、オースティンは
日本でもそれなりにやっていけるの
ではないかと思いました。

今年のDeNAは筒香が大リーグの
レイズに移籍し、その穴埋めを誰が
やるのか心配されましたが、今の
ところ、このオースティンがその
役割を果たしてくれるんじゃない
ですか。

年齢もまだ28歳。

うまく行けば、「化け」ますよ、
この選手は。



*ヤンキース時代のオースティンの
カード、貴重です! ↓







posted by あらやまはじめ at 22:05| 神奈川 ☀| Comment(0) | 横浜DeNAベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村