2019年08月30日

阪神の功労者、鳥谷敬、この時期に引退勧告を受けるとは、プロ野球は本当に厳しい世界です・・・しかし、獲得に乗り出す球団は必ず出てくるはず、年俸4億円を10分の1くらいに下げればね

今朝、阪神の鳥谷が球団から引退勧告を
受けていたことが明らかになりました。

これを聞いて、私は「また、この季節が
やってきたか」と残念な思いにかられて
います。

「この季節」とは「ベテランがクビを
宣告される時期」です。

もっとも、阪神は23試合を残しており、
CS進出だってまだまだ可能性は残って
います。

功労者である鳥谷への引退勧告は正直、
早すぎる。

球団はおそらくは「引退試合のことを
考えて、発表を早めた」のでしょうが、
本人の現役続行の意思の有無は確認
したんですかね?

数日前、鳥谷は「これが神宮球場での
最後の試合になるかも」と意味深な
発言をして、マスコミに大きく取り
上げられていました。

その頃には「引退勧告」を受けていた
んでしょうなあ。

鳥谷と言えば、2000安打も達成し、
連続試合出場も1900を超えた、阪神
では「2000年代を代表する選手」です。

そんな鳥谷でもこういう扱いを受けて
しまう。

プロ野球は本当に厳しい世界です。

ただ、「捨てる神あれば、拾う神あり」
で、鳥谷に現役続行の意思があれば、
獲得に乗り出す球団は必ず出てくる
はず。

阪神からすれば、5年間固定だった4億円
と見られる高額年俸がネックになって
いたに違いない。

今季の成績を見れば、「4億円はもらい
すぎ」と思われても仕方がありません。

阪神では功労者の鳥谷の年俸を一気に
下げるくらいなら、「ここいらでキレイに
辞めてもらった方が・・・」という意図も
あるのでしょう。

年俸が10分の1くらいに下がってでも
鳥谷が現役にこだわるならば、欲しい
球団は必ずある。

抜群の知名度と実績を誇るだけあって、
どことは言いませんが、「不人気球団」
は喉から手が出るほど欲しいでしょう。

今季のプロ野球の試合も残りわずかと
なってきましたが、「鳥谷問題」、
今後も注目していきたいと思います。



*個人的には、もう少し見たい。↓








ラベル:阪神 鳥谷
posted by あらやまはじめ at 12:17| 神奈川 ☔| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村