2021年04月01日

【速報!】「球界No.1ピッチャー」、オリックスの山本由伸、ソフトバンクを相手に13奪三振で2安打完封には、「さすが!」の一言・・・8回裏の伏見寅威のダメ押しタイムリーも大きかったね、拍手しましたよ!

なかなか、当ブログでプロ野球の話題を
取り上げられない日々が続いています。

ところどころは見ているんですよ。

ただ、記事にする時間がなくてねえ・・・。

今日は、多少時間があるので、やります。

何と言っても「オリックス×ソフトバンク」
戦ですよ、今日は。

オリックスは、ピッチャー不足からか、
大エースの山本由伸を中5日で先発起用
しましたが、これが見事に当たった!

なにしろ、4年連続日本一のソフトバンク
相手に13奪三振で2安打完封。

これはねえ、「さすが!」の一言です。

私も終盤は山本由伸のピッチングをじっくり
と見ましたが、なんだろうねえ。

大リーグのピッチャーのように、勝負球で
最後にピュッと曲がるような変化球を多投
していました。

カーブやスライダーなら分かりますが、
山本由伸の変化球は、正直、見ていて、
「あれは、どの変化球を投げたのか?」と
分からないことが多かった。

ツーシーム、あるいは、カットボールの
ような変化球なのかなあ。

まあねえ、私のような素人には分からない
ような「魔球」を駆使して、勝負所では、
ストレートを低めにズバッと決めてくる。

球威はあるわ、変化球の切れはいいわ、
コントロールはいいわ、もうねえ、今日の
山本由伸は非の打ちどころがなかった。

見事でしたよ。

はっきり言って、ここ2、3年の彼の
ピッチングを見れば、もはや「球界No.1
ピッチャー」と断言していいと思います。

オリックスに在籍しているが故、なかなか
大きく取り上げられませんが、山本由伸の
ピッチングを見れば、どう考えても、今の
球界で右に出る者はいない。

今日は1対0で終盤まで目が離せないゲーム
となりましたが、8回裏にオリックスの
伏見寅威がダメ押しタイムリーを放った
のは大きかったね。

山本由伸が投げる時、オリックス打線は
常に沈黙しては、1点を取ることさえ
大変なことが多いのですが、今日は虎の子
の2点目を取った!

これで、私は今日のオリックスの勝ちを
確信しました。

9回表、山本由伸はソフトバンクの上位打線
をピシャッと抑えて、今季初勝利。

いいものを見させて頂きましたよ!

拍手するしかない。

ソフトバンク相手にこういう投球ができる
ピッチャーはなかなかいませんからね。

オリックスはこれで5割!

まだ10試合も終わっていないので、何とも
言えませんが、「台風の目」になってほしい
ものですよ!

パリーグを面白くするためにもね。




*山本由伸のカード、都城高時代のものも
ありますよ! ↓







posted by あらやまはじめ at 22:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | オリックスバファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村