2018年10月21日

【パリーグ・CSファイナルステージ第5戦速報!】西武、ソフトバンクに敗れ、辻監督号泣・・・開幕から一度も首位を明け渡さなかった凄さは称賛すべき・・・短期決戦の怖さですよ、つくづく

パリーグのCSファイナルステージが
今日終わりました。

西武はアドバンテージが1勝あり
ましたが、結果的にはソフトバンク
の4勝2敗。

ソフトバンクの強さばかりが目立った
ファイナルステージとなりました。

これはねえ・・・。

「短期決戦の怖さ」ですよ、つくづく。

使い古されたフレーズではありますが、
これしか言いようがありません。

西武は防御率がリーグ最下位という
データが示す通り、打線で勝って
きたチームですが、その打線が、
ソフトバンクの投手陣に、第2戦を
除けば、ほとんど抑えられました。

「打線は水もの」とはプロ野球界で
よく言われることですが、今回の
西武はそれを地で行った感があり
ますねえ。

もちろん、西武は一年間を通して、
打線にはほとんどスランプらしき
ものはなかったのですが、短期決戦、
ましてやCSは、ベテランを除けば、
初めての選手も多かった。

CS独特の緊張感に萎縮したわけでも
ないでしょうが、ソフトバンクの
選手たちは4年連続でファイナル
シリーズに進出しています。

CSに対して、「経験慣れ」していた
ことが、ソフトバンクの選手たちに
今回は有利に働いたということでしょう。

ましてや、CSはおろか、日本シリーズ
でも経験豊富な武田を中継ぎに回す
ことができたソフトバンクにはむしろ
余裕すら感じられました。

CSという制度が、セリーグでは負け
越した巨人がファーストステージを
突破したことにより「不要論」が再燃
したのは記憶に新しいですが、開幕
から一度も首位を明け渡すことが
なかった西武がソフトバンクに敗れた
ことも「CS不要論」を後押しするで
あろうことは間違いない。

今年の西武、強かった。

強すぎて、当ブログでも記事にする
ことはほとんどなかった。

強すぎると、書くことがないんですよ。

はっきり言って。

高二の娘も昨年あたりから西武ファン
になりまして、「いかに西武が強いか」
を一年中聞かされ、辟易していたことも
事実です。

「強いチームが必ずしも短期決戦で
勝つとは限らない」ことは、私も
長いプロ野球観戦歴で知っていますが、
若い娘はまだ知らない。

今回は勉強になったと思いますよ。

大袈裟かもしれませんが、これは人生
でも同じですからね。

でも、西武の今年の強さはCSでの
敗戦で否定されることは決してあり
ません。

開幕から一度も首位を明け渡すこと
なく優勝した凄さは称賛すべきです。

試合後のセレモニーで、西武の辻監督が
ファンに謝罪すると共に、号泣していた
ことを、先程知りました。

そのシーンは、これからスポーツニュース
で私も見ようと思いますが、辻監督に
とっては悔しかったことは間違いのない
ことでして、「あの辻監督が号泣とは・・・」
と、正直、私も驚きました。

これは、何とも言いようがないですなあ・・・。

「勝つチームもあれば、負けるチームも
ある」。

どっちかが勝って、どっちかが負ける
わけですからねえ。

高校野球と同じですよ。

プロ野球もね。

明日のスポーツ紙では、辻監督を大きく
取り上げてほしいなあ。



*辻監督の現役時代の名セカンドぶりは
今も忘れられません。↓








*西武ライオンズ、10年ぶり優勝の
特集号も載せておきます。↓







posted by あらやまはじめ at 21:11| 神奈川 | Comment(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村