2019年06月12日

【速報!】日本ハムの吉田輝星、プロ初登板初先発は5回1失点で勝ち投手!・・・球速以上にストレートがホップしていましたね、テンポも良い、栗山監督はよくぞ抜擢しましたよ、名将だ!

今日はねえ、なんとしても見たかった。

日本ハムの吉田輝星のプロ初先発試合。

私も19時近くに帰宅し、その後慌てて
風呂に入り、輝星の投げる場面を
リアルタイムではちょっとしか見られ
ませんでした。

ただねえ、ちょっと見た印象で言わせて
もらえば、「球速以上にストレートが
ホップしていま」した。

5回1失点で、日本ハムが1点リードの
場面で輝星は降板。

その後は、中継ぎがその虎の子の
1点を守り、2対1のまま日本ハムが
勝ちました。

よって、輝星はプロ初登板初先発で
勝ち投手に!

なんでしょうねえ。

私の高3の娘も、珍しくザッピング
せずに、輝星の登板を見ていました
し、やっぱり、全国のプロ野球ファン
が注目していたと思いますよ。

ましてや、対戦相手の広島の先発は
「エース」大瀬良でした。

本来なら、「負けて当然」の試合
だったわけですよ、輝星にとっては。

でもねえ、今日の日本ハム打線は
「輝星をなんとしても勝たせて
やりたい」という思いが伝わって
きました。

大田のホームランなんかはまさに
そうでした。

しかし、なにより、輝星も立派
でしたが、その輝星を抜擢した
栗山監督を絶賛したい。

輝星は2軍でもそんなに目を見張る
ような好成績を挙げてはいません
でしたが、栗山監督の一声で輝星は
先発の谷間に抜擢されました。

それで結果を出したのですから、
これはもう、栗山監督は「名将」
と言わざるを得ません。

輝星はつくづく「日本ハムに入団
して良かった」と私は思います。

輝星以上に期待されていた根尾は、
中日の2軍でもがき苦しんでいます。

中日というか、セリーグの場合、
「注目されている」という意識が
強すぎるんですよ。

根尾だって、一軍でどんどん出せば、
それなりに結果を残せると私は確信
していますが、その辺のノウハウが
ないんですなあ。

古参休団には。

セリーグの中でも、巨人、阪神、
中日あたりは「伝統にがんじがらめ」
という印象があります。

ですが、日本ハムにはそういうものは
ほとんどと言っていいほどありません
からね。

いい球団に入りましたよ、輝星は。

明日のスポーツ紙は、「輝星」のデカ字
が各紙で一面を飾ることでしょう。

いや、予想以上に良かったですよ。

テンポも良かったしね。

次回も登板があるはずです。

次回の登板で結果を出せば、ローテにも
入ってくるかもしれない。

プロ野球の救世主ともなり得る「期待の
星」である輝星。

次回登板も期待したいですね。




*「輝星」グッズ、一気に紹介しておき
ましょう! ↓









posted by あらやまはじめ at 22:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村