2020年11月06日

【速報!】楽天の渡辺直人の引退セレモニーを見ましたよ!・・・「性格が良かった」ことが成績を上回った男は一般社会にも通じる、必ずや指導者として野球界に戻ってくると確信しました!

ここ数日、時期も時期です、プロ野球界
でも引退、あるいは戦力外通告の話題が
連日のようにスポーツ紙やネット上を
賑わせています。

私はかつては、引退や戦力外通告を受けた
選手に対して、無条件で同情を禁じ得ま
せんでした。

今も同情を禁じ得ないのは同じではあるの
ですが、昔ほどではなくなりました。

「必要悪」だと、ある時期から思い始めた
んですなあ。

なにしろ、毎年120人近くの若者がプロ
野球の世界に入ってくるわけです。

プロ野球の世界は各球団で保有できる
人数が限られています。

確か、70人程度ですよ。

ということは、各球団で毎年10人前後
新人を入れるということは、それと同
人数をクビにしなければ成り立たない。

もっとも、今ではそこからはみ出た
連中を「育成選手」として取っては、
3軍で使おうとする球団も一部には
あります。

その「一部」こそ、今年両リーグで
優勝したソフトバンクと巨人なわけ
ですが、それはさておき・・・。

今日、楽天の渡辺直人の引退セレモニー
がありました。

娘が珍しく見せてくれたので、私も
じっくりと見ましたが・・・。

「松坂世代」の中でも、正直言って、
「そこまで結果を残した選手」では
ありませんよ、渡辺直人という選手は。

今日の引退セレモニーで触れていた
とおり、楽天入団後、横浜や西武に
トレードされ、最後は楽天に戻って
きた選手です。

なぜ、成績は一流ではなかった渡辺
直人がここまで生き残れたのか?

同じ「松坂世代」でも、成績が一流
だった村田修一は早々にクビになって
しまった。

その差はどこにあるのか?

やっぱりねえ、「性格」なんだろうと
思います。

渡辺直人という選手は「性格が良かった」。

「人格者」だったのかもしれない。

これねえ、私もトシを取って、いろいろな
職場や職種を経験して分かりますが、結局、
「性格」なんですよ、最後にモノを言うのは。

「人間性」と言い換えてもいい。

逆に言えば、「性格が悪い奴は、成績が
良くても、早々にクビになる」とも言える。

どの世界でも同じだ。

性格が悪い奴は疎ましがられて、最後には
厄介者扱いされ、その世界にはいられなく
なる。

そうはならなかった渡辺直人という男は、
一般社会でも通用する立派な男なんだろう
と思いましたよ、今日の引退セレモニーを
見てね。

必ずや指導者として野球界に戻ってくると
確信しました。

第二の人生でもやれるはず、応援しています。

お疲れ様でした。




*渡辺直人のグッズ、最後にどうぞ。↓









posted by あらやまはじめ at 22:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | 東北楽天ゴールデンイーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村