2020年10月19日

【速報!】元近鉄、楽天、マリナーズ、現巨人の岩隈久志、今季限りでの引退を表明・・・球団合併時、磯部公一と共にオリックスに行かず、楽天に来てくれた気骨の男、あの男気は一生忘れない

元近鉄、楽天、マリナーズ、現巨人の
岩隈久志が今季限りでの引退を表明
しました。

思えば、岩隈も39歳。

仕方がないとはいえ、「他球団に
行けば、まだやれるのでは」という
思いはあります。

岩隈というピッチャーに対する思い、
私は結構ありましてね。

2004年、結果的には近鉄最終年と
なった年でしたが、その年に12連勝
をした途中、私は今は亡き女房と、
当時1歳の娘を連れて、東京ドームに
「日本ハム×近鉄」戦を観に行きました。

その時の近鉄の先発が岩隈でした。

3塁側の内野の上の方から見ましたが、
「細いけど、軸がぶれないピッチャー
だった」という印象が残っています。

(*近鉄時代の岩隈です。↓)




岩隈の野球人生で最大の分岐点は、
その年に起きた「近鉄とオリックス
の合併」だったはずです。

オリックスが近鉄のいい選手をごっそり
持っていったあの時、最後まで抵抗した
のが岩隈と「不動の3番」磯部公一でした。

そして、その二人だけはオリックスに
行かずに、楽天に来てくれることと
なった。

私は仙台出身でしたから、楽天の新規
参入を喜びながらも、オリックスが
いい選手を根こそぎ引き抜いていった
ことに内心、腹を立てていました。

そんな中、楽天に来てくれた岩隈と
磯部の男気は一生忘れることはない。

これこそ「蛮勇」でしてね。

気骨の男でしたよ。

楽天に来てからは、弱い打線に援護を
求めるのも難しい中、球団初勝利を
挙げ、2008年には21勝4敗という
驚異的な数字を挙げては、パリーグの
MVPにも輝きました。

もっとも、その頃、私も仕事が忙しく、
岩隈の投げる試合を実際に見た記憶は
ほとんどありません。

スポーツ紙でチェックするくらいでね。

(*楽天時代の岩隈です。↓)




その後は、楽天の初優勝を待たずに、
岩隈は大リーグのマリナーズへ移籍
しました。

岩隈のすごいところは、その勝率です。

日本でも通算107勝69敗で勝率.608
でしたが、大リーグでも通算63勝
39敗で、勝率.618。

日米通算では170勝108敗。

これだけ「負けないピッチャー」は、
なかなかいません。

マリナーズでは2015年に、日本人と
しては野茂英雄さん以来のノーヒッター
を達成したことも記憶に新しい。

今思えば、あのノーヒッターがいわば
「最後の花道」だったのかもしれません。

(*マリナーズ時代の岩隈です。↓)




近鉄時代の若武者ぶり、楽天時代の
安定感、大リーグ時代の集大成。

これ以上ない野球人生だったと思います。

大リーグから巨人に移籍してからは一軍
での登板はありませんでしたが、最後の
最後は、優勝の輪に加わらせてあげられ
ないだろうか。

巨人の二軍で岩隈から教わって、今一軍で
活躍しているピッチャーだっているはず。

何らかの形で巨人の優勝に貢献している
ことは間違いない。

「最後の最後の花道」、ぜひとも原監督
には作ってもらいたいものです。




*超一流ピッチャーだった岩隈は、著書も
多い。紹介しておきましょう。↓







posted by あらやまはじめ at 23:17| 神奈川 ☀| Comment(0) | 近鉄バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村