2020年08月10日

【2020年甲子園高校野球交流試合速報!】花咲徳栄の高森陽生、大分商の川瀬堅斗両投手は最後まで速球のキレが落ちず、引き締まった試合となりました!・・・いつもと違う光景ばかりでしたが、開催できたことが何よりですよ

今日から「甲子園高校野球交流試合」が
始まりました。

中止となった春のセンバツ出場校32校が
「救済措置」として、1試合のみですが、
甲子園で対戦するという、高野連の
「粋な計らい」です。

夏の甲子園も中止となり、現在各都道府県
では、例年であれば「予選」となる試合を
行っています。

夏の甲子園の代わりに、例えば東京では
東西の優勝チームが今日対戦します。

また、東北では各県の優勝チームが
トーナメント方式で「東北一」を決める
という試みもこれから行われます。

夏の甲子園がないのは残念ですが、こう
して様々な取り組みを工夫して行うのは
素晴らしいことです。

【交流試合】の第一試合、花咲徳栄×大分商
戦、最後の方を1時間ほど見ました。

結果的には初回に3点を先制した花咲徳栄が
3対1で勝利したわけですが、大分商の右腕、
川瀬堅斗は初回を除けば、すべてゼロに
抑えて、8回裏まで速球のキレが落ちず、
「いいピッチャーだな」と思いました。

また、花咲徳栄の左腕、高森陽生も非常に
コントロールのいいピッチャーで、こちらも
最後までキレのある速球で強気に攻め続け
ました。

両先発の好投で、引き締まった試合となり
ましたよ。

それにしても、試合後はいつもの甲子園とは
違った光景ばかりが見られました。

通常であれば、試合終了後、両軍ナインは
健闘をたたえ合って、握手をしたり抱き
合ったりするのですが、「ソーシャル
ディスタンス」を保つため、一切なし。

また、選手たちはすぐにベンチから荷物を
持って、ファールグラウンドで荷物の整理を
し始めた。

なぜか?

すぐに係員がベンチ内を消毒するためなん
ですなあ。

もちろん、甲子園の土を持ち帰ることも
できず・・・。

これは、高野連が後日、なんらかの形で
各選手たちに届けるようですが。

まあ、それでも、開催できたことがなにより
です。

センバツが中止となって、泣き崩れる選手
たちを見るのは忍びなかったですしね。

一試合でもできて、本当に良かったと
思います。




*毎年夏になると、読みたくなる。↓





posted by あらやまはじめ at 13:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村