2020年07月24日

【速報!】西武の辻監督、9回裏1アウト1塁の場面で森友哉に送りバントをさせた采配にはうなりました!・・・直前の源田の絶妙なセーフティバントといい、外崎のサヨナラ打といい、やっぱり強いですよ、今年の西武も

4連休の二日目。

もうこんな時間ですので、今日の
プロ野球についての記事も手短かに
参りたいと思いますが・・・。

今日は劇的な試合が2つありました。

DeNAの佐野のサヨナラ満塁ホームラン、
これ、ニッポン放送の巨人戦を聞いて
いて、途中経過で知りましたが、他の
テレビ番組を見ていたDeNAファンの
娘に知らせると、すぐにDeNA戦に
チャンネルを替えました。

こういうところは、さすがに「いい
とこどり」の娘ですが、佐野のヒーロー
インタビューも見られて何よりでした。

ちなみに佐野は3試合連続ホームラン。

これまでは、本人が言うように「つなぎ
の四番」と言われても仕方がないくらい
ヒットばかりが多かったですが、なんの
なんの。

3試合連続、しかも、今日は逆転サヨナラ
満塁ホームランですから、だれもが認める
四番になったと言っていい。

でもねえ、その直前、西武がサヨナラ勝ち
した試合の方が、リアルタイムで見ていた
分、見応えはありました。

2対2で迎えた9回裏。

西武は源田が絶妙なセーフティバントで
出塁すると、次打者の森友哉がなんと、
送りバントの構えをしているではあり
ませんか!

昨年のパリーグMVPですよ、森は。

だいたい、森がバントをするシーン、
私はこれまで見たことがない。

実際、森は一塁側に送りバントをうまく
決めました。

聞けば、森にとって送りバントはこれ
までの野球人生で2度目とのこと。

なんとしても勝たなければならない場面で、
昨年のMVPの強打者に当然のように送り
バントをさせた辻監督の采配に私はうまり
ましたねえ。

なかなかできることではありませんよ。

次打者の四番・山川は申告敬遠。

五番の外崎が燃えないわけはありません。

事実、外崎はアウトコースの球を逆らわず
に持っていき、サヨナラ打。

DeNAファンの娘は西武ファンでもあり、
一昨年あたりから私も西武戦はよく見て
いるのですが、外崎のサヨナラ打が初と
いうのには驚きました。

結構打っていたような印象がありましたが。

まあねえ、こういう試合を引き分けるか
勝つかで、シーズンの終盤、優勝争いに
なった時に「あの試合が境目だった」と
なることはよくあります。

今日の試合は「境目」になるかもしれない
試合でした。

辻監督の采配を絶賛したい。

これぞ、近年のプロ野球にはない「監督の
采配で勝った試合」と言っていい。

やっぱり強いですよ、今年の西武も。

こういう試合を見せられればね。




*辻監督の著書、読んでおきたい。↓









posted by あらやまはじめ at 23:38| 神奈川 ☔| Comment(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村