2020年06月17日

【あらやまの2020年プロ野球順位予想】イレギュラーなシーズンだからこそ、イレギュラーなことが起こると私は信じたい・・・セリーグはCSなし、パリーグはCSあり、ここも重要なポイントです、日本シリーズも見据えれば

さて、明後日の6月19日(金)から、
ついに今年のプロ野球が開幕します。

まあ、ホントに長かったねえ・・・。

私の50年近い人生でも、ここまで
プロ野球の開幕が遅れたことはない
わけですから。

この2か月ほどの延期の間に、各球団
の戦力差が開いたかどうかは、何とも
言えませんが、私なりの順位予想を
今年もしてみたいと思います。

先に申し上げておきますが、そもそも
順位予想なるものは、プロ野球解説者
でもほぼほぼ外れるものです。

よって、素人の私の予想も、あくまで
「願望ベース」と思って下さい。

では、まずはパリーグから。

1位・・・楽天
2位・・・西武
3位・・・ソフトバンク
4位・・・オリックス
5位・・・日本ハム
6位・・・ロッテ


・・・異論反論、読者の皆様には大いに
あることでしょう。

まず、1位の楽天ですが、そもそも私は
毎年楽天を首位に予想しています。

でもねえ、今年のプロ野球の評論家
各氏の予想を見ても、我が楽天が案外
高い評価を得ています。

これは近年にないことです。

今年は例年の143試合から120試合に
減り、しかも6連戦が増えます。

そこで先発陣が充実している楽天が
上位に来るという予想が大いにされて
いるわけですが、私に言わせれば、
かつてのプロ野球は130試合制でした。

たった10試合減ったくらいで何を
ほざいているのかと思う自分もいる
わけでして。

個人的には楽天が上位に進出できるか
どうかは、三木新監督の采配一つだと
思います。

平石前監督がクビになり、ソフトバンク
にヘッドコーチとして迎えられることと
なったことで、三木監督には相当な
プレッシャーがかかっているはず。

ここはひとつ、三木監督の采配をじっくり
見てみたいものです。

2位の西武と3位のソフトバンクは妥当な
ところでしょう。

というか、西武もソフトバンクも優勝する
可能性は大でしてね。

パリーグの場合、CSがありますから、この
3球団でしのぎを削るようになるんじゃない
ですか。

4位のオリックスは先発投手陣がいい分、
Aクラスに入る可能性もあると見ています。

が、オープン戦や練習試合を見ていても、
ミスをして選手たちが笑っているような
シーンを見れば、「このチームが優勝する
ことは今年もないだろう」と思った。

不遜ですよ、態度が。

日本ハムとロッテは投打とも戦力不足。

ただ、化ける選手が一人でも出てくれば、
両チーム共、Aクラスに入る可能性はある。

ようは、パリーグは1位から6位まで、どう
なるか分かりようがないということです。

イレギュラーなシーズンは分かりません。

続いて、セリーグ。

1位・・・DeNA
2位・・・巨人
3位・・・中日
4位・・・阪神
5位・・・ヤクルト
6位・・・広島


これも、異論反論、多いことでしょう。

DeNAを1位にした理由、それは「打線の
充実」に尽きます。

外国人3人を含め、6番まで強打者が続く。

これはねえ、昨年まで2年連続でパリーグ
優勝した西武打線を彷彿とさせる。

ましてや、今年のセリーグはCSがあり
ません。

DeNAは勝ち始めたら、一気に突っ走る
可能性が大です。

先発も数が揃い、中継ぎと抑えが固定
されている投手陣も安定している。

昨年優勝した巨人は2位にしました。

投手陣が薄すぎます。

ただ、打線は素晴らしいものがあります
から、DeNAといい勝負をするのではない
でしょうか。

3位にはあえて、中日を持ってきました。

いや、中日は長年の低迷期から、昨年あたり
から投打共、若手が育ってきています。

「セリーグにもCSがあれば」と思わせる
存在です。

4位の阪神ですが、投手陣は中継ぎ以降が
12球団一です。

ただ、外国人頼みの打者陣が、うまくはま
れば優勝もあり得るのかもしれませんが、
「バースの再来」は、もう35年近く出て
いません。

今年も厳しいでしょう。

5位のヤクルトは、新人の奥川がそれこそ
20勝くらいすれば、Aクラス入りもある
かもしれませんが、そうはうまくいくまい。

広島を最下位に予想した理由、それは
佐々岡監督が何をどうする監督なのか、
全く見えないところに尽きる。

ただ、「ハマれば」、分かりません。

セリーグも分かりませんよ、こればかりは。

今年はイレギュラーなシーズンです。

イレギュラーだからこそ、イレギュラーな
展開を望みたい。

日本シリーズ?

楽天×DeNA戦。

あるいは、ソフトバンク×DeNA戦。

もしくは、西武×DeNA戦。

CSがあるかないか、ここも重要なポイント
です。

明後日からいよいよ開幕。

例年に比べれば、年々、熱い思いは減って
きてはいますが、今年もプロ野球に注目
したいと思います。



*選手名鑑の「完全版」です。↓





posted by あらやまはじめ at 23:04| 神奈川 ☀| Comment(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村