2020年05月20日

【速報】夏の甲子園、無念にも中止が決定・・・もし秋くらいにコロナが終息したら、せめて春のセンバツ出場校だけでも甲子園に呼べないものか、あまりに可哀想すぎる

懸念していたことが現実のものと
なってしまいました。

春のセンバツに続き、夏の甲子園も
中止が決定・・・。

無念です。

無念すぎる。

高校野球ってねえ、私にとっては
プロ野球よりも数年早く見始めては、
40年以上に渡って、その熱き戦いを
注目し続けてきたスポーツです。

もちろん、私だけではない、私以上に
「高校野球が好きだ」という高校野球
ファンは全国津々浦々にたくさんいる
ことでしょう。

今日、久々に購入した日刊スポーツに
「夏の甲子園が中止の場合、672億円の
経済損失となり、すべてのアマチュア
スポーツの中で最高額の損失になると
推定される」なる記事を読みました。

別に、他のアマチュアスポーツをどう
こう言うつもりはありませんが「高校
野球は別物」だと、私は思っています。

なんでしょう。

「小さい頃から全身に刷り込まれている」
んですよ。

その存在そのものが。

小学生低学年の頃には、浪商のドカベン
香川に憧れ、延長18回の死闘を制した
箕島に子供ながらに「すごい」と思わせ、
高学年になると、早実の荒木大輔が出て
きたものの、水野雄仁擁する池田に決勝
戦でメッタ打ちにされ、「勝負の非情さ」
を教わりました。

中学生の頃には、私より3学年上のPL学園の
清原和博、桑田真澄の「KKコンビ」に度肝を
抜かれた。

高校生の頃は、1学年下の上宮の元木大介の
華やかさに、悔しながらも「かっこいい」と
思った。

就職してからは以前ほど見られなくなった
ものの、春夏連覇をした98年の横浜の松坂
大輔には目を奪われた。

結婚して子供ができてからは、「佑ちゃん」
斎藤祐樹擁する早実と、「マー君」田中将大
の駒大苫小牧の「延長再試合」に熱狂した。

近年では、早実の清宮幸太郎の高校生離れ
したホームランに、王貞治の面影を見た。

・・・他にもいろいろありますが、何も調べ
なくても、このようなことがスラスラと
出てくるんですよ。

記憶に深く刻み込まれている。

こういうアマチュアスポーツは、高校野球
以外にはありません。

40年以上経っても、我が身がオヤジに
なっても、そのプレーで興奮させて
くれる。

正直、私も50歳を手前にして、だんだん、
あらゆることに興奮しなくなってきました。

そんな中、野球と相撲くらいですよ、
興奮させてくれる「最後の砦」は。

しかし、大相撲夏場所が中止になり、
プロ野球の開幕も6月中旬から下旬を
余儀なくされ、しまいには夏の甲子園も
中止となると、はっきり言って、「何を
楽しみに生きていけばいいのか」とさえ
思う。

しかし、我々の楽しみがなくなること
より、もっと気の毒なのは、現在の
高校3年生です。

確かに、実際に世間に出て働くように
なれば、どの世界であってもつらさは
付き纏います。

ただねえ、今年の高校3年生は高校野球は
もちろんのこと、野球をやっていなくとも、
修学旅行が中止になったり、そもそも、
学校に行けないわけですから。

受験はどうする?

就職するにしても、例年どおりには
行かないでしょう。

まあ、私くらいの世代も、バブルが弾けた
後の「貧乏くじ世代」です。

ですが、今年はもっと大変かもしれない。

我々大人の世代が現在の彼らに何をして
やれるか、先行きも見えないので限られ
ますが、一つ提案があります。

もし秋くらいにコロナが終息したら、
せめて春のセンバツ出場校だけでも
甲子園に呼べないものか。

入場行進だけでもいい。

全校揃わなくてもいい。

その頃にはプロ野球も無観客で甲子園で
開催されているでしょう。

阪神戦の直前にでも、何校かずつ呼んで、
甲子園の土を踏ませてやってほしい。

それくらいならできるでしょう。

でなきゃ、あまりにも可哀想すぎる。

始球式で、阪神の選手と1打席限定の
真剣勝負をさせてもいい。

なんらかの形で、後世に残せるものを
与えなきゃ。

それがコロナ禍における、せめてもの
若者に対する償いじゃないですか。



*夏の甲子園が中止となっても、本や
DVDで過去の名シーンは見られます。
そうするしかないか、今年は・・・。↓














posted by あらやまはじめ at 20:49| 神奈川 ☁| Comment(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お気持ちはわかりますが、高校生はあくまでも学業が本業です。その本業が授業できないようでは教育現場の都合上授業の遅れを取り戻すために土曜授業や夏休み削減をせざるを得ないです。
あと、未知の新型肺炎コロナウイルス感染症に対する対策を考えると致し方ない事情もあります。とは言えども何故代替開催が出来ないのかも疑問ではありますがそれはあくまでも甲子園球場は阪神タイガースの本拠地球場でもありますから仕方ないと割り切るしかないでしょう。
Posted by at 2020年05月25日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村