2019年10月05日

【2019年セリーグ・CSファーストステージ第1戦速報】DeNA、6点差を阪神に逆転され、悔やんでも悔やみきれない敗戦に・・・奇策の「今永中継ぎ」は成功しましたが、エスコバーがメッタ打ちを食らうとはねえ・・・

今日から両リーグでCSファースト
ステージが始まりました。

結果から言えば、パリーグは我が
楽天が2位のソフトバンクに5対3で
勝ち、王手をかけました。

私もこの試合、見たかったのですが、
なにしろ、高3の娘がDeNAファン
でして・・・。

今日はニッポン放送でも「DeNA×
阪神」戦を中継していましたので、
ラジオを聞きつつ、時折テレビに
目をやっていました。

DeNAは初回、阪神の先発、西を
攻め、今日3番に入った筒香が西の
落ち切らなかったフォークをうまく
すくって、先制3ランを放ちました。

この時点で、私は「DeNA、今日は
楽勝だろう」と思った。

実際、その後、西は負傷降板しては、
DeNAは阪神の後続のピッチャーを
攻め立て、6回まで7対1。

誰がどう見ても、DeNAの楽勝ペース
でした。

4回途中からは、エースの今永を
中継ぎで投入し、2回をゼロに抑え
ました。

この奇策とも言える「今永中継ぎ」も
成功しました。

ここまでは、「ラミレス采配ズバズバ」
でしたよ。

ところが・・・。

その後の継投で、今季、その圧巻の
ストレートでDeNAを2位に導いた
功労者の一人、エスコバーが阪神
打線につかまりました。

これはねえ・・・。

その場面、私は外出中で車のラジオで
聞いていたのですが、「ちょっと、
まずいんじゃないか」と思い始め
ましたよ。

阪神の北條が結果的には5打点を挙げ、
逆転し、DeNAはまさかの逆転負け。

阪神はファイナルステージに王手を
かけました。

一方のDeNAですが・・・。

あのエスコバーがあそこまで打たれる
とは、DeNAのファンはもちろん、
首脳陣だって思っていなかったでしょう。

明日の第2戦、阪神が王手をかけました
ので「やや有利」は否めません。

ただねえ、ラミレス監督にも意地が
ある。

今永は明日も中継ぎで出すでしょう。

DeNAは負けたとはいえ、阪神の中継ぎの
「鉄壁」とも言える島本を崩したのは
大きい。

中継ぎの大黒柱のジョンソンが奥さんの
出産の立ち合いで帰国していることも、
DeNAにとっては好材料です。

まあ、個人的には、ジョンソンの奥さん
には無事に出産されることを願いますがね。

人生の一大事ですから。

明日も、この試合、注目したいと思います。

・・・先程までラグビーの日本戦を見ていて、
更新が遅れ、すみません。

日本代表、勝ちましたよ!

この後、ニュースブログで取り上げます。



*DeNAの関連本をいくつか。↓









posted by あらやまはじめ at 21:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | 横浜DeNAベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村