2019年08月17日

【令和元年・夏の全国高校野球選手権・第11日目速報!】星稜、延長14回タイブレークの末、智弁和歌山を撃破!・・・23奪三振の奥川恭伸に限らず、両軍皆素晴らしく、非常に引き締まったいい試合でした!

夏の甲子園、今日11日目の第2試合、
星稜×智弁和歌山戦が先程終わり
ました。

延長14回タイブレークの末、最後は
星稜の福本陽生がサヨナラ3ランを
レフトに放ち、決着がつきましたが、
非常にいい試合でしたね。

引き締まった試合になった最大の
要因はやはり、両軍のピッチャー
です。

智弁和歌山は継投で4人の投手をつぎ
込みましたが、いずれも良かった。

しかし、主役はやはり星稜の奥川恭伸
でした。

延長14回で、奪った三振はなんと23!

このまま試合が続けば、かつて坂東
英二さんが作った延長18回25奪三振を
抜くのではと思われるくらい、実に
いいピッチングでした。

ストレートの球速は154キロですが、
その球速以上に手元で伸びる印象を
改めて受けました。

しかもコーナーをつくコントロールは
絶妙で、既にプロ野球の一軍でも通用
するであろう、見事な制球力でした。

スライダーのキレも前回同様、非の打ち
どころがなく、今日のピッチングは
100点満点と言っていいでしょう。

試合後の星稜の林監督のインタビューを
聞いていて、星稜は明日も試合がある
ことを知りました。

今大会は台風の影響で一日順延しました
が、この日程、何とかならないものか。

これじゃ、明日、星稜は奥川を先発で
起用することはできませんよ。

夏の甲子園の日程については、まだまだ
改善の余地があります。

日程を前倒しにして、準々決勝や準決勝は
せめて中3日くらい空けないと、先発の
少ない高校はどうしても不利になる。

来年以降の高野連の改善に期待するしか
ありません。



*興味深い一冊です。↓






posted by あらやまはじめ at 14:27| 神奈川 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村