2019年08月03日

【速報!】DeNA、今日の巨人戦の勝利はラミレス監督の執念の采配に尽きる!・・・同点の8回裏、宮崎に替えて代走にベテランの石川を投入した、これが決勝点に結びつく、冴えているとしか言いようがない!

今日の「DeNA×巨人」の首位攻防戦、
後半は私もテレビに釘付けになって
見ていました。

5対3でDeNAが勝っているところ
までは、先程、当ブログでも途中
経過でお伝えしました。

ところが、8回表、巨人は坂本の
タイムリーで同点に追いつきます。

まあ、このあたりは「さすが5億円
プレーヤーの坂本だ」と私は思い
ました。

こういう場面で打てるからこそ、
坂本というプレーヤーは高額年俸
をもらうだけの価値があるという
わけでしてね。

ただ、今日に関して言えば、ここ
1週間、いや、2週間くらいのDeNA
の後半の反撃のすごさを改めて
思い知ったというか、ラミレス
監督の采配が冴えているというか、
驚きました。

同点の8回裏、宮崎がライトオーバー
のツーベースを放つと、ラミレス
監督は代走にベテランの石川を投入
しました。

これが決勝点に結びつくのですから、
ラミレス監督の采配は冴えていると
しか言いようがありません。

「延長戦を考えず、決めに行った」
という意思が感じられました。

次打者のソトはセンターへ犠牲フライ。

浅いフライでしたから、下手したら
宮崎だったら、サードへ進塁でき
なかったかもしれない。

ところが、足の速い石川だからこそ、
悠々サードへ進塁できた。

そして、次打者の筒香の場面、巨人の
中川はスライダーをインコースに投げ
ましたが、これをキャッチャーの
岸田がパスボール。

あれはねえ、岸田はお粗末でした。

ただ、巨人としては、炭谷もケガで
欠いており、岸田を使わざるを得な
かったのでしょう。

労せずして、DeNAは勝ち越し点を
獲得しました。

となれば、最終回は当然、抑えの
山崎康が登場するわけでして、
今日の山崎は、いつも以上に沈む
ツーシームが切れまくっていました。

結果的には6対5でしたが、DeNAの
「圧勝」という印象でしたね。

これで、DeNAは首位巨人と1.5差。

明日、DeNAはエース今永が登板
します。

一方の巨人は桜井が先発。

普通にやれば、今永が勝つでしょう。

となると、いよいよ、0.5差です。

本当に分からなくなってきました。

ただ、シーズンは長い。

「まだ、8月」です。

2か月残っています。

でも、今の勢いなら、DeNAが98年
以来の優勝を飾る可能性も大いに
出てきたと言っていいんじゃない
ですか。

巨人はこれ以上の戦力の積み重ねは
厳しい。

トレード期間も終わりましたし。

むしろ、DeNAのライバルは3位の
広島と考えるべきです。

「巨人に取りこぼしをせず、広島と
互角に戦う」

これができれば、DeNAの21年ぶりの
優勝も現実のものとなってくるはず。

面白くなってきましたよ!



*DeNAグッズ、一気に紹介して
おきましょう! ↓













posted by あらやまはじめ at 22:32| 神奈川 ☀| Comment(0) | 横浜DeNAベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村