2019年06月15日

【速報】8回裏の西武の反撃には一種の「怖さ」を感じましたが、ヤクルトはよくぞ9回表に逆転しましたねえ・・・ヤクルトの梅野雄吾と西武の源田壮亮の16球の対決は、なかなかに見応えがありましたよ!

今日は雨降りで、土曜ながら、昼食は
自宅で作って、娘と取りました。

その際、デーゲームの「西武×ヤクルト」
戦を見ていたのですが・・・。

8回裏の西武の反撃には一種の「怖さ」
を感じましたねえ。

4対0でヤクルトが楽勝かと思われました
が、先発の石川がこの回に乱れ、小川
監督はピッチャーを梅野に交代しました。

これが、この回の混乱を呼びました。

梅野という20歳のピッチャー、私は
初めて見ましたが、ストレートは速い
のですが、フォークの精度が悪く、
とんでもないところに暴投してからは、
ストレート一辺倒の投球となりました。

その究極は、源田との対戦でした。

もうねえ、途中からはすべてアウト
コースのストレート。

キャッチャーの中村のリードもどうかと
思いましたが、満塁でしたからねえ。

フォークが投げられないとなると、
ストレートを投げるしかない。

源田は、アウトコースのストレート
をすべてカットしては、ファウルに。

その打球がだんだん中に入ってきて、
私は「こりゃ、打たれるだろう」と
思いましたが、最後の最後、梅野は
アウトコースに抜いたカットボールを
投げて、源田は見逃し三振。

この16球の対決、なかなかに見応えが
ありました。

しかし、梅野はその後、山川に押し出し、
代わったマクガフが中村に逆転タイムリー
を打たれ、私は食事も終わったことから、
「西武の勝ち」と思い、自室で作業を
始めました。

ところが、その裏、9回表、ヤクルトが
逆転するのですから、野球は分からない。

本来なら見たかったのですが、娘が
別のチャンネルを見ていまして、
叶いませんでした。

今日の試合で最も印象に残ったのは
梅野でした。

まだ20歳。

今日は負けが付いてもおかしくなかった
のですが、逆転してくれたおかげで、
負けが付かなかった。

こういう経験を糧にして頑張ってもらい
たいと思いましたね。



*梅野のカード! ↓



posted by あらやまはじめ at 22:19| 神奈川 ☔| Comment(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村