2019年05月03日

中日のロメロ、同点弾を打たれた瞬間にグラブをたたきつけたシーンは、「昭和の野球」を思い出させてくれました・・・たまにはいいじゃないですか、ああやって喝を入れるのもね

今日のプロ野球、現在、ニッポン放送で
唯一のナイターである「広島×巨人」戦を
聞いていますが、それ以外のデーゲームは、
車で「西武×日本ハム」戦を聞いていた
以外は、結果しか聞いておりません。

我が楽天がソフトバンク戦、11対11と
なったところまではラジオの途中経過で
聞いていましたが、その後、ソフトバンク
にサヨナラ負けですか・・・。

楽天の今季の優勝は消えましたね。

この一戦で。

いや、こういう「なんとしても勝たなけ
ればならない試合」を落としているよう
では、ダメですよ。

ましてや、首位のソフトバンク相手です
から。

どうもねえ、10連休中のプロ野球は、
選手たちも疲れてきているのか、正直、
「中休み」を設けてあげてもいいの
ではないかと思います。

特にセリーグは。

パリーグは中休みが一日ありましたが、
セリーグはゼロですからね。

大リーグでは当たり前の10連戦も、
日本のプロ野球ではそうではあり
ません。

なんぼ、観客を集めることが大事で
あっても、選手がまともに動けない
のでは、そんなの、ファンサービス
でもなんでもありません。

そんな中、昨日の「巨人×中日」戦では
ありますが、取り上げたい話題があります。

中日のロメロですよ。

(*このピッチャーです。↓)




ロメロのことは、東京中日スポーツを
時折買って読みますので、名前だけは
知っていましたが、昨日の巨人戦での
「グラブをたたきつけたシーン」は、
たまたまリアルタイムでも見ていま
したから、非常に印象に残りました。

伏線はその直前にありました。

巨人の岡本が東京ドームの天井に直撃
する打球を放ち、中日の野手陣は、
昼間の東京ドームはただでさえ打球が
見えにくい上に、天井に当たったこと
から、落下する打球を見失ってしまい
ました。

結果的に、これが同点打となり、その
直後、陽岱鋼が初球のストレートを
振り切ると、打球はレフトスタンドへ
一直線。

ロメロは、この打球の行方を見る前に、
打たれた瞬間、持っていたグラブを
グラウンドにたたきつけました。

こういうシーン、久々に見ました。

ロメロは試合後、「キャッチャーの
サインに首を振って投げたストレート
が甘く入ったことが悔しかった」と
語っていたようですが、本心は違った
と思います。

中日の野手陣への喝もどこかにあった
はずですよ。

まあ、天井に当たった打球はどこに
落ちてくるのか分かりませんから、
野手陣は責められませんが、あの
打球が落ちてくる時の中日の野手陣
を見ていたら、「エッ?」と私も
思わないわけにはいかなかった。

「取ってやれよ」と一瞬思った。

落ちてくる打球に対して、呆然と
していましたからね。

あれで、ロメロは「キレた」と
言っても過言ではないでしょう。

その直後に我が身の不甲斐ない投球も
あり、いろいろな感情が込み上げて
きては、グラブをたたきつける結果と
なった。

でもねえ、令和の時代に入って、
なんでしょう、「昭和の野球」を
思い出させてくれたようでね。

ロメロに目くじらを立てる人も
いるかもしれませんが、私は
「たまにはいいじゃないですか」
と言いたい。

昔はああいうシーン、結構あった
ように記憶しています。

「オレが、オレが」の時代には。

近年ではなかなか見られない熱い
シーンを見られたのは、個人的には
良かったと思っています。

今日も東京中日スポーツを購入しては、
一面のロメロの記事、堪能しました。

なかなかないことです。

今季の中日、5割を行ったり来たり
していますが、少なくとも3位以内に
入る可能性はまだまだ残しています。

昨日のロメロの喝が「転機」となる
かもしれません。

期待したいですね。



*「月刊ドラゴンズ」です! ↓




posted by あらやまはじめ at 21:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村