2019年03月17日

45歳のイチローを東京ドームで見られる幸せを堪能しましたね、今日は・・・もう最後かもしれない、目に焼き付けておかないと、本当に

3月20日から東京ドームにて「マリナーズ×
アスレチックス」の大リーグ日本開幕戦が
行われますが、その前哨戦とも言える練習
試合が今日の昼間、東京ドームで行われ
ました。

「巨人×マリナーズ」。

私も最初の方は、遅い朝食を食べながら、
高二の娘と一緒に見ていたわけですが、
はっきり言って、「45歳のイチローを
東京ドームで見られる幸せを堪能した」
という思いでした。

また、日本で見られるとは思っても
いませんでしたよ。

イチローがオリックス時代に大ブレーク
したのは1994年のこと。

もう、四半世紀前です。

あの頃、私は仙台に住んでいましたが、
イチロー見たさに何度、東京ドームに
足を運んでは、日本ハム戦を見に行った
ことか。

日本ハムも当時は東京ドームが本拠地
でしたから。

また、千葉マリンスタジアムや西武球場
にもよく行ったものです。

日程表片手にね。

96年末には上京し、翌年から、当時は
私も独身でしたから、今では考えられ
ないくらいに野球場に足を運びました。

イチローの勇姿も何度も見ました。

まあ、当時は巨人戦しか地上波で中継
していませんでしたしね。

20回、いや、30回は見たかな、イチロー
見たさに、オリックス戦を。

思えば、ここ数年、全くといっていい
ほど、球場に足を運ぶことはなくなり
ました。

自宅でケーブルテレビで全試合を見ら
れるようになったということもあります
が、一番は「イチローのような選手が
いなくなったから」とも言えます。

わざわざ球場に足を運んでまで「見たい!」
と思わせる選手がいなくなった。

もちろん、イチローほどではなくても、
見たい選手はいますよ。

ですが、仕事をしつつ、家事はもちろん、
家の中の雑事をやらなければならない
現状では、そんな時間も取れないという
のが正直なところでしてね。

それをも上回るくらいに「見たい!」と
思う選手はゼロだな、はっきり言って。

私の先輩の世代では、かつて「ON」が
「見たい!」と思わせる選手の代表格
でした。

当時は、長嶋茂雄さんも王貞治さんも
地上波中継で毎日見ることができた。

イチローはあれだけ打っても、オリックス
戦は地上波で流れることはほとんどなかった。

だから私も直接球場に行って、見に行き
ました。

今は、全試合、ケーブルテレビで見られる
というのに、見たい選手が大していない。

・・・なんという皮肉だろうね。

なんでもかんでも「平成最後」という
フレーズに絡めるのは本意ではありません
が、イチローがまさに今、日本に凱旋し、
場合によっては「引退試合」になりかね
ないことを考えれば、これは何としても
目に焼き付けておかなければと思う次第
です。

平成では圧倒的にNo.1プレーヤー。

異論はない。

「平成最後」にイチローを東京ドームで
見られる幸せを静かに堪能したいですね、
個人的には。



*イチローの凱旋記念! ↓









posted by あらやまはじめ at 22:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | 大リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村