2018年12月22日

ヤクルトの山田哲人、3度目のトリプルスリー達成でも、4億3千万円の年俸は安すぎる・・・これでは、大リーグに行きたくなってもおかしくはありませんよ、本人は「シークレット」と言っているようですが・・・

夜も遅いので、手短かに参ります。

今日の日刊スポーツに掲載された
記事に気になった話題を一つ。

今年、前人未到の3度目のトリプル
スリーを達成したヤクルトの山田の
契約更改が昨日、行われました。

1億5千万円増の、推定年俸4億3千万円。

あくまで推定ですから、実際はもっと
もらっているかもしれませんが、それ
でも「安すぎる」と思うのは私だけ
でしょうか?

だいたい、トリプルスリーを3度達成
した選手って、日本では山田だけで
あることはもちろん、大リーグでも
バリー・ボンズさんだけですよ。

しかも、大リーグの場合、試合数が
162試合あり、日本の143試合よりも
19試合も多い。

「レベルが違う」云々の話をする人も
いるでしょうが、レベルが高い選手は
大リーグでもほんの一握りと感じて
います。

大リーグには30球団もあります。

球団の数を増やし続けた結果、むしろ、
「本来なら、大リーグで活躍できない
であろう選手」が大リーグに出場して
いるというのが実情じゃないですか。

今年新人王を獲得したエンゼルスの
大谷が活躍できたのも、そもそも、
大リーグで二刀流をする、できる
選手がいなかったというのも大きい。

そんなにレベルが高ければ、大谷
よりも早く、大リーグに大谷の
ような選手が現れるべきでしてね。

「言われるほど、レベルは高くない」
と思った方がいいですよ。

確かに、一部の選手は、特に投手は
明らかにレベルが高いですがね。

山田が大リーグに行けば、日本での
成績が必ずしも維持できるとは思い
ませんが、それでも10億~20億くらい
の年俸は間違いなくもらえるでしょう。

トリプルスリーって、日本では「三冠王」
ほど評価がされない傾向にありますが、
盗塁も30個しなければ達成できない
ことを考えれば、三冠王より難しい
かもしれません。

足も速く、しかも、盗塁の技術もなけ
れば、達成できないわけですからね。

山田ほどの選手であれば、大リーグに
行きたくなってもおかしくはありません。

本人は「シークレット」と言っている
ようですが。

来季、4度目のトリプルスリーを達成
するようなことがあれば、ヤクルトは
これ以上年俸を出せないでしょうし、
大リーグだって黙ってないはず。

山田の動向、来季は今年以上に注目
したいと思いますね。



*過小評価されすぎです、山田は。↓









posted by あらやまはじめ at 23:55| 神奈川 ☔| Comment(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村