2018年11月19日

NHKの「プロフェッショナル」に、プロレスラーの内藤哲也が取り上げられたのは、画期的です!・・・常に「お客様」と呼ぶその姿勢は、全国の視聴者にも伝わったんじゃないですか

夜も遅いので手短かに参ります。

プロレスファンの高二の娘が見て
いたこともあり、私も今日のNHKの
「プロフェッショナル」で取り上げ
られた内藤哲也をじっくりと見させて
頂きました。

まあねえ、番組の中身はさておき、
全国津々浦々に流れているNHKで
内藤哲也が取り上げられた、この
ことを絶賛したいですね。

なかなかないですよ。

だいたい、地上波でも中継は今や
ほとんどないわけですから。

プロレス中継は。

画期的と言っていいでしょう。

内藤の試合は、私もケーブルテレビ
でしばしば見ていますが、今日、
つくづく感心したのは、観客の
ことを常に「お客様」と呼ぶ姿勢
でした。

これは、できそうで、なかなかできる
ことではありません。

プロ野球選手や相撲の力士が観客の
ことを「お客様」と呼ぶのを、私は
とんと聞いたことがありません。

「人気にあぐらをかいているんじゃ
ないか」と、今日の内藤のその姿勢を
見て、感じないわけにはいかなかった。

プロレスも、一時期の低迷を超えて、
近年はその人気が再燃しつつあります。

今日、「プロフェッショナル」で内藤が
取り上げられたことが、その再燃を
ますます燃やすことになるきっかけに
なれれば、今日の放送も流した甲斐が
あったんじゃないですか。

全国の視聴者にも伝わったと思いますよ。

個人的にも、今後、ますますプロレスを
見ていきたいと思いましたね。



*内藤の自伝です。↓



posted by あらやまはじめ at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村