2018年11月03日

【2018年日本シリーズ第6戦速報!】甲斐拓也の日本シリーズ新記録、6連続盗塁阻止がソフトバンクの2年連続日本一を決めた最大の原動力、MVPは当然でしょう!・・・再び内川にバントをさせた工藤監督の采配も光りました、日本一おめでとう!

日本シリーズ第6戦が先程終わりました。

私も8割方見ていましたが、ソフトバンク
の強さばかりが目立ちましたね。

まずは、ソフトバンクの日本一に敬意を
表して、「おめでとう!」と祝福したい
と思います。

今日の試合に関して言えば、やっぱりねえ、
工藤監督の采配が光ったというか、それに
尽きると思いますよ。

なにより、内川に再びバントをさせ、
次打者の「元楽天」西田にスクイズを
させ、先制の1点を取った。

結果的に、これが試合の決め手となった
わけですが、この采配がズバズバ決まり、
選手たちも伸び伸びとプレーしては、
日本一を獲得したわけですから、工藤
監督を褒めちぎるしかありません。

MVPはキャッチャーの甲斐に与えられ
ましたが、これも当然です。

今日も盗塁を刺して、6連続盗塁阻止の
日本シリーズ記録となったわけですから。

今日は、広島の田中に走られた時点で、
一旦はセーフになりました。

ただ、工藤監督からリクエストがあり、
私もVTRで見ていたら、明らかにセーフ
でした。

二塁の塁審からは、田中の袖にタッチ
した西田のグラブが見えていなかった。

こういうケースは、リクエストの制度が
あってこそ、判定が翻る最適なパターン
でしてね。

今日に限らず、第5戦までの甲斐の盗塁
阻止には、私も驚いていました。

甲斐がMVPで当然だと思います。

他にも特筆すべき選手はたくさんいます
が、すべてソフトバンクの選手ですね。

明らかに、ソフトバンクが強かった。

ここ5年で4回の日本一ですか?

まあ、強いね。

シーズンでは西武に完膚なきまでに
やられましたが、短期決戦の戦い方
を知っています、ソフトバンクは。

改めて、「日本一おめでとう!」と
祝福したい。

明日以降、機会があれば、ソフトバンク
の強さについて、検証したいと思います。




*甲斐拓也、一躍、全国区の選手となり
ました! ↓











posted by あらやまはじめ at 22:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村