2018年10月28日

【2018年日本シリーズ第1戦速報!】8年ぶりの引き分けとなりましたが、終始押していたのはソフトバンクでした・・・好投の千賀を4回で交代できたのは、武田のようないいピッチャーが中継ぎに控えていたことが大きいですよ

今日から始まった日本シリーズ。

第1戦は私も8割方、テレビ中継を見て
いました。

やっぱり、日本シリーズはプロ野球の
最高峰ですからね。

プロ野球ファンとしては、欠かすわけ
にはいきません。

今日から、日本一が決まるまで、なるべく
当ブログでも追っていきたいと思います。

さて、今日の試合ですが、結果から
言えば、延長12回の末、引き分けに
終わりました。

これねえ、昨年までなら、15回まで
延長が続くはずでしたが、これはこれで
良かったのではないかと思っています。

やっぱり、23時を過ぎると、眠くなる。

正直言って。

ほとんどの年配の視聴者はそうだったん
じゃないですか。

試合を細かく振り返るには、かなり長く
なりましたので、要点だけをかいつまんで
お伝えしましょう。

点数だけみれば、広島が初回、菊池の
ソロホームランなどで2点を先制し、
前半は広島が押していました。

が、5回にソフトバンクは広島の先発、
大瀬良をとらえ、ノーアウト1、3塁の
場面で、先発の千賀に打席が回った
ところで、工藤監督はデスパイネを
代打に送りました。

ここは、一つのポイントでした。

デスパイネが打った打球はセンター
前に抜けそうな当たりでしたが、
セカンドの菊池が回り込んで取り、
ファーストに送球しましたが、これが
悪送球となり、ソフトバンクは同点に。

このスコアのまま、結局は延長12回
まで進んだわけですが、私はここに
ソフトバンクの底力を見たような気が
しました。

なにしろ、千賀が4回で交代しても、
武田が中継ぎで待機しているのです
から。

武田のようないいピッチャーが中継ぎ
というのは、デカイですよ。

本来は先発ピッチャーなんですから。

武田は、決め球のカーブを今日は
多投せず、ストレートで押して
いました。

まあ、いいピッチャーですよ。

その後、両チームはゼロに抑えられた
のですが、押していたのはソフトバンク
の方でした。

ソフトバンクが勝ち越すチャンスは
結構ありました。

延長11回もツーアウト1、3塁の場面を
作りましたが、代打の福田が凡退。

この辺に、昨年までとは違う、「決め
きれないソフトバンク」を見たようにも
思いました。

だからこそ、今年は西武に優勝をさら
われたとも言えますが・・・。

しかし、これで、今年は日本シリーズが
第8戦まで行く可能性も出てきました。

とすれば、工藤監督が西武で現役時代の
1986年以来です。

あの時の相手も広島でした。

過去の日本シリーズを考えれば、少なく
とも工藤監督にとっては「因縁の日本
シリーズ」になるかもしれません。

日本シリーズの初戦が引き分けだなんて、
こんなに面白いことはない。

第8戦まで行くことを期待したいですよ。



*1986年の日本シリーズはこちらで
ご覧下さい! ↓





posted by あらやまはじめ at 00:02| 神奈川 ☀| Comment(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村