2018年10月25日

【2018年プロ野球ドラフト速報!】大阪桐蔭の根尾の交渉権をくじ引きの末獲得した中日と、外れ1位ながら金足農の吉田輝星を単独指名した日本ハムの勝利と断言していいドラフトでした・・・しかし、日本ハムはうまいねえ、横浜の万波や、大阪桐蔭の柿木まで獲得してねえ

今年のプロ野球のドラフト会議の生中継、
私は仕事が急遽早上がりになり、ラッキー
なことに、最初から見ることができました!

今週は、ずっと忙しく、今朝も二度寝して
あわや寝坊するくらいの体たらくでして、
今日のドラフト会議の生中継を見ることは
まずできないだろうと思っていましたが・・・。

本当に良かった。

というのも、今年も「ドラマのあるドラフト」
となったからです。

ドラフトの直前になって、大阪桐蔭の
根尾が評価を急激に上げると共に、
金足農の吉田輝星が急激に下がると
いう展開となりましたが、私はこれ、
「陰謀論ではないか」と思っていました。

とある球団が、吉田を一本釣りするための、
言ってみれば「常套手段」ではないのかと。

ドラフトは情報戦でもあります。

どこかが吉田を一本釣りするのでは
ないかと思っていましたが・・・。

一巡目で吉田の名前は出てきません
でした。

これは意外でしたねえ。

一方、根尾は一部報道では「7球団が
1位指名するのでは」と予想されました
が、実際には4球団にとどまりました。

やっぱり、根尾を回避して、他の
選手に食指を伸ばす球団が出てきた
わけですが、それも結局は競合と
なりました。

大阪桐蔭の藤原と、報徳学園の小園。

小園はショートですから評価が高い
のは分かっていましたが、外野手の
藤原がここまでの競合になるとは
思っていませんでした。

結果的には、藤原は元々1位指名を
唯一公言していたロッテに、小園は
藤原同様、3球団のくじ引きの末、
広島に、それぞれ交渉権が渡り
ました。

4球団のくじ引きの末、根尾は中日に
交渉権が渡ることとなりましたが、
これは良かったんじゃないですか。

元々、根尾は岐阜の出身ですし、
中日という球団には馴染みがある
はずです。

くじを引いた中日の与田新監督に
とっては、これ以上ない幸先の
よいスタートとなりました。

1位指名のくじ引きが終わり、「外れ
1位」の指名が始まりましたが、
吉田の名前が出てきたのは4番目。

日本ハムでした。

その後も吉田の名前は出てこず、
日本ハムが単独で交渉権を獲得
することとなりました。

吉田にとっても、日本ハムという
球団に1位指名されて良かったと
私は思っています。

やっぱり、若手を育てて、使って
くれますからねえ、日本ハムという
球団は。

長期政権となった栗山監督が来季も
続投するというのも、吉田にとっては
「出番が増える」であろうことは
間違いなく、早ければ、来季にも
一軍デビューもあり得るんじゃない
ですか。

今回のドラフト、勝者は根尾の交渉権
を獲得した中日はもちろんですが、
総じて言えば、日本ハムが「真の勝者」
だったと思います。

吉田に限らず、今年の夏の甲子園に
出場した「有名どころ」と言っていい
横浜の万波や、大阪桐蔭の柿木まで
獲得しましたからねえ。

話題性や人気も加味する日本ハムの
ドラフト戦略には、今年も「一味違う」
と感心しました。

ちなみに、我が楽天は、藤原を外し、
外れ1位で4球団の競合となった、
立命館大の辰巳を石井新GMが「黄金
の左手」で引いて、見事、交渉権を
獲得しました。

これはこれで良かった。

楽天の場合、外野手はウイークポイント
でもありますしね。

他にもいろいろ書きたいことはあり
ますが、今日はこのくらいにして
おきましょう。

明日、時間があれば、続報を書きたい
と思います。



*ドラフトと言えば、「野球太郎」です! ↓



posted by あらやまはじめ at 21:29| 神奈川 ☀| Comment(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村