2018年10月17日

【パリーグ・CSファイナルステージ第1戦速報!】菊池雄星は、過去1勝13敗のソフトバンク戦に勝てませんでしたが、辻監督の「賭け」を私はあえて評価したい・・・これで1勝1敗、面白くなってきましたよ

今日から、両リーグ共、CSファイナル
シリーズが始まりました。

セリーグは、ファーストステージで
「旋風」を見せた巨人が広島相手に、
「シーズン通り」の敗戦を喫しました。

予想通りと言ってしまえばそれまで
ですが、それではCSは面白くない
ですし、やる意味もない。

巨人は菅野で1勝はできるでしょうが、
それ以外で惨敗を喫するようであれば、
影響力も大きい、来季からCSの制度は
微調整を強いられるでしょう。

セリーグだけでもね。

一方のパリーグは、今日の試合も
面白かった。

2位のソフトバンクが首位の西武に
10対4で大勝しましたから。

CSは、やるなら、こうでなきゃ。

西武の辻監督は、ソフトバンク戦、
1勝13敗の菊池雄星を先発に持って
きました。

これねえ、先のシーズン最終戦近く
のソフトバンク戦で初めて勝った
雄星に期待も込めて送り出したの
でしょうが、やっぱり、雄星は
「いつものソフトバンク戦の雄星」
でしたよ。

今日も。

私も雄星のピッチング、今日の中継で
ところどころ見ていましたが、雄星の
コントロールは確かに良かったのです
が、他球団に投げる時と比べると、
やっぱり、打線の怖さがあったので
しょう、微妙にストライクゾーンから
外れていたんですよねえ。

ソフトバンクの打線は、そんな雄星の
「微妙に外れたボール」を見逃しては、
その直後の甘いボールをことごとく
とらえていました。

やっぱり、昨年の日本一チームは
ダテではありません。

西武は優勝のアドバンテージがあり
ますから、これで1勝1敗。

面白くなってきましたよ。

西武の優位は動かないと思いますが、
短期決戦は何があるか分からない。

ましてや、相手は百戦錬磨のソフト
バンクですからねえ。

投手力はソフトバンクの方が明らかに
上ですから、西武からすれば打線が
シーズン通りの働きを見せないと、
「スイープ」を食らう可能性もあり
ます。

ただねえ、今日、雄星を先発に持って
きた辻監督の「賭け」はあえて評価
したい。

雄星が勝てるかどうか、辻監督に
とっても、「投げて見ないと分か
らなかった」と思います。

それでも、西武のエースにソフト
バンク戦を託した。

「初戦、落としても悔いなし。
勝てれば、もうけもの」くらいの
心境だったのではないでしょうか。

そう思えば、まだ西武が有利ですよ。

セリーグは広島のスイープが濃厚
です。

いや、菅野で巨人は1勝できるかも
しれませんが。

注目はパリーグの方じゃないですか、
むしろ。




*雄星グッズです。↓











posted by あらやまはじめ at 23:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村