2018年08月25日

【速報】菊池雄星、やっとソフトバンク戦に先発したかと思ったら、またも敗れ、0勝13敗・・・これはひどすぎる、「エース」じゃないですよ、特定のチームにここまで勝てないというのは・・・

夜も遅いですが、今日は、パリーグ首位を
独走する西武の話題を久々に少し・・・。

なんぼ首位を独走していても、私が西武に
対して引っかかっていたのは、菊池雄星が
昨年までソフトバンクに0勝12敗と全く歯が
立たず、今季に至っては、ソフトバンク戦に
全く登板していなかったという点です。

登板する機会はあったはずなんですよ。

ところが、辻監督が雄星をソフトバンク戦
からは、意図的なのでしょう、徹底的に
回避し続けました。

が、ローテーションで先発投手を回す
現在のプロ野球でそんなことはいつまでも
許されるわけではなく、ついに今日ソフト
バンク戦に出さざるを得なくなったの
ですが、やはり勝てませんでした。

これ、例えてみれば、昔のセリーグで
「巨人戦に全く勝てない」ピッチャー
に等しいですよ。

楽天やオリックスのような「お得意
さん」からばかり勝って、特定の
1チームに、しかも強いチームからプロ
入り後数年経って1勝もできないという
のは、はっきり言って「エース」ではない。

雄星は、一部スポーツ紙で報道されて
いるように、「今年で3年連続二桁勝利を
挙げ、西武を優勝に導けば、大リーグへ
移籍」というのが既定路線ですが、ここ
まで特定球団に勝てないピッチャーと
いうのは、私も長年プロ野球を見てきて
いますが、見たことがない。

かつて、元DeNAの三浦大輔さんが
巨人戦に全くと言っていいほど勝てず、
私は当ブログでも酷評した記憶があり
ますが、それでも三浦さんは巨人戦で
10勝くらいはしていましたよ。

負けは30以上ありましたが。

雄星の場合、まだ当時の三浦さんほどの
キャリアはないにしろ、ゼロ勝という
のはひどすぎる。

このまま、ソフトバンクに勝てないまま、
大リーグに移籍するつもりですかねえ?

大リーグに渡っても、この「特定球団に
ゼロ勝」という事実は、当然現地でも
取りざたされることは間違いない。

「弱いチームからは勝てても、強い
チームからは勝てない」典型的な
ピッチャー。

そもそも、大リーグで獲る球団がある
のかすら怪しい。

西武が優勝したとしても、日本ハムが
3位に転落した現状、CSではソフト
バンク戦に当たるのは確実。

雄星では勝てないとなると、西武はCSを
勝ち抜くのすら厳しいんじゃないですか。

ここまで特定のチーム相手に計算できない
ピッチャーがいるというのは、本来の優勝
チームのあるべき姿ではありません。

ソフトバンクが「下剋上」で日本シリーズ
進出をするのは濃厚と言っていいかも
しれません。

まあ、残り1ヶ月以上ありますから、どう
なるかは、ケガ人も含め、分かりません
がね。

今後のソフトバンク戦、辻監督はあえて
雄星をすべてぶつけるくらいの覚悟で、
なんとしても雄星に「ソフトバンク戦
1勝」をしてもらわないと、苦しいと
思いますよ。



*期待しているからこそ、歯がゆい。
雄星グッズ、いくつか紹介しておき
ましょう。↓












posted by あらやまはじめ at 00:06| 神奈川 ☁| Comment(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村