2018年08月12日

【第100回夏の全国高校野球・8日目速報】済美の矢野功一郎、タイブレークの延長13回裏に、ライトポールに当たるサヨナラ満塁ホームランは「歴史的」!・・・星稜の寺沢孝多の土壇場での連続見逃し三振も見事でした

遅い昼食を娘と取っていて、昨日に
引き続き、親子で高校野球の中継と
プロレスのG1を交互に見ていました
が、この試合に関しては、ちょっと
チャンネルをしばらく替えるわけ
にはいきませんでした。

「済美×星稜」戦ですよ。

終盤から見始めたのですが、この
試合も見どころ満載でした。

済美は8回裏に一挙8点を取り逆転。

しかしながら、星稜も9回表に2点を
取って、9対9で延長戦に。

これだけでもすごい試合ですが、
延長12回裏には星稜の2番手
ピッチャーの寺沢孝多が1アウト
満塁で3ボール1ストライクまで
追い込まれながら、力のある
インコースのストレートを連続で
決め、見逃しの三振に。

次打者もやはり3ボール1ストライク
と苦しいカウントになりながら、
同じように見事なストレートを
2球続けて、やはり見逃し三振に
切って取った場面は素晴らしかった。

プロ野球でもなかなか見られない
シーンでしたよ。

いや、高校野球だからこそ見られた
のかな?

今大会2回目のタイブレークとなり
ましたが、私は先日のタイブレーク
の試合は見ていなかったので、実際
には初めて見たのですが・・・。

やはり、ノーアウト1、2塁からの
攻撃というのは、案外難しいよね。

バントで来るのか、ヒッティングで
来るのかの判断だけでも結構大変
かと思います。

攻撃する側にとっても、守る側に
とっても。

延長13回表、星稜は先頭バッターが
ヒッティングで来て、セカンドゴロ
となりましたが、結果的にはランナーを
2、3塁に進める進塁打となりました。

野選とスクイズで2点を勝ち越し、
私は「これで終わったか」と思い
ましたが・・・。

その裏、済美は先頭打者がバント。

これが絶妙なバントヒットとなり、
ノーアウト満塁に。

これが、タイブレークの怖いところ
です。

一球で満塁になる。

続く、1番の矢野功一郎が寺沢の
インコースのストレートを思い切り
叩くと、打球はライトポール際に。

私は一瞬「ファウルかな?」と思い
ましたが、打球はそのライトポールの
上段に当たり、サヨナラ満塁ホームラン
ですよ!

これは「歴史的」と言っていいでしょう。

「タイブレークがもたらしたサヨナラ
満塁ホームラン」と言い換えてもいい
かもしれません。

もちろん、打った矢野も見事でしたが、
タイブレークという制度の元では、
今後もこういうシーンは増えるのでは
と思わずにはいられませんでした。

日々、好ゲームが続く今大会、私は
明日明後日も見られる予定ですので、
当ブログでも引き続き、所感を掲載
していきたいと思います。



*「夏の甲子園」本、いくつか紹介して
おきましょう! ↓













posted by あらやまはじめ at 17:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村