2018年07月22日

【速報】巨人、6点リードを守れず、広島に3タテを食らっては、自力優勝も消滅・・・彼我の差をここまで強烈に感じさせられた3連戦は近年ないんじゃないですか

私は「生まれついての」とまでは行かない
にしても、「気がついたら」巨人を嫌いに
なっていた世代でして、30年以上、常に
巨人を目の敵にしてきました。

なぜ、私は巨人をずっと嫌いだったのか。

それは、「特別強いわけではないのに、
常に地上波でテレビ中継があった」ことに
尽きます。

特に90年代は。

ですが、その前提が最近崩れ始めてきま
した。

なにしろ、巨人戦の地上波でのテレビ中継が
ほとんどなくなって久しいばかりか、巨人
自体が近年は優勝どころか、Aクラスを死守
することすら難しくなってきたからです。

この3日間、ニッポン放送で「広島×巨人」
戦のラジオ中継があり、私も作業をしつつ、
耳を傾けていましたが、初戦並びに今日の
第3戦は、これまでであれば巨人の「楽勝」
ペースでした。

初戦は7点リード、今日は6点リード。

それでいて、広島にまんまと逆転を許し
ては、巨人、広島に3タテを食らい、自力
優勝も7月のこの時点で消滅してしまい
ました。

「なぜだ?」と思っているのは、巨人ファン
だけでなく、巨人嫌いの我々にとっても同じ
ことでしてね。

ここまで負ける巨人というのは、私はかつて
見たことがありません。

いや、成績で言えば、今年よりも悪い年は
いくつかあったでしょうが、今年くらい
「印象の悪い」年はないと言い換えた方が
いいでしょうか。

広島は2年前の優勝までは25年間優勝でき
なかったチームです。

一方の巨人はその25年間に何度優勝した
ことか。

結局、「その場しのぎの補強」で、ケガを
した箇所に絆創膏を貼り続けるようなこと
ばかりしてきたことのツケが今になって
回ってきたとしか言いようがありません。

だいたい、グラウンド外でも不祥事が
相次ぎ、先日はオーナーが辞任する
ところまで行ってしまいました。

歯がゆい。

巨人がここまで弱いと、本当に歯がゆい。

なんだろうねえ。

「あるべき姿」からかけ離れすぎている
というか。

正直、「彼我の差」をここまで強烈に
感じさせられた3連戦は近年ありません。

少なくとも、巨人に関して言えば。

やっぱりねえ、こういう言い方はなん
ですが、「ナベツネ」こと渡辺主筆が
91歳にもなって、いまだにあれやこれや
と口を挟むような読売の体質が変わらない
限りは、巨人の復活もないのだろうと
思われてなりません。

もっとも、ナベツネさんがいなくなった
としても「第2、第3のナベツネさん」が
その後を待っているのかもしれませんが。

あまりに大きくなり過ぎたが故に、球団
改革が最もできにくくなっている、頭
でっかちな球団に成り下がってしまった
巨人。

今年も広島に3連覇を許すばかりか、
あと数年は優勝できないんじゃない
ですか。

小手先だけではもはや、どうにもなり
ませんよ、この球団は。



*一つの参考にはなるかな、この本は。↓







posted by あらやまはじめ at 22:26| 神奈川 ☀| Comment(0) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村