2018年05月09日

【速報!】ソフトバンクの内川聖一、「生みの苦しみ」の末に2000安打は、「内川ほどのバッターでも」と野球の難しさを思い知らされましたよ・・・清宮のプロ初ホームランも、中田の1000安打も素晴らしいですが、明日のスポーツ紙、内川を一紙でも一面にしてほしいね

今日はいつもよりはやや遅く帰宅し、
PC上での作業もたくさん残っている
のですが、やっぱり、この話題は
些事を差し置いて、当ブログにて
大いに取り上げたいと思います。

ソフトバンクの内川聖一、2000安打
達成!

私は、たまたまテレビ中継を見る
タイミングが合って、その達成の
瞬間を見ることができましたが、
「生みの苦しみ」があったことは
私も分かっていました。

ここ数日、私も事ある毎に、内川が
バッターボックスに立つシーンは
何度か見ていましたが、内川らしく
ない、やや強引なバッティングが
目立っていました。

「内川ほどのバッターでも」と、
野球の難しさを思い知らされた
ここ数日でした。

私は楽天ファンですから、ソフト
バンクの内川は、通常は「敵チーム
の4番」という存在ですが、彼が
横浜時代からそのバッティング技術
の素晴らしさはそれなりに分かって
いたつもりでして、個人的には、
現在のプロ野球界の右バッターでは
最高のバッターだと思っています。

というか、歴代でもかなり高い位置に
いると思いますよ。

私がこれまで見た歴代最高の右バッター
は落合博満さんですが、内川も落合
さんに近付きつつあると見ています。

「ヒットを打つ技術」という点では。

2000本に王手をかけてから、14打席
凡退が続いた上での快挙達成。

どこの球団のファンは関係なく、素直に
祝福すべき出来事だと思います。

なにしろ、80年以上続く日本プロ野球
界で51人目の記録ですから。

143試合制の今、毎試合出場すること
も大変ですが、毎試合ヒットを1本
打っても、単純計算で14年かかる
わけですよ。

2000本を打つのは。

それだけすごいことなんです。

内川は1800試合で2000本打った。

これがどれだけすごいことか。

今日は、日本ハムの清宮がプロ初
ホームランを放ち、同じ日本ハムの
中田が1000安打を放ちました。

おそらくは、清宮が明日のスポーツ紙
では一面を独占するのかもしれません。

ですが・・・。

一紙くらいは、内川を一面にして
ほしいね。

「スポーツ」紙じゃないですか。

スポーツの素晴らしさを伝えるため
には、人気のある、将来性のある
選手を取り上げるのが経営上も重要
であることは重々承知していますが、
10何年かけて、大記録を作った選手
を一面で褒め称えるというのも、
スポーツ紙の役割の一つだと、私は
思っています。

ただでさえ、紙の新聞がかつてほど
読まれなくなって久しい。

こういう時こそ、内川の快挙を
大々的に報じるべきではない
でしょうか。


*「内川グッズ」、まとめて取り
上げておきましょう! ↓










posted by あらやまはじめ at 21:06| 神奈川 ☁| Comment(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村