2018年04月01日

【第90回選抜高校野球・第10日目速報】智弁和歌山は、9回裏2アウトから2点差をよく追いつきました、これぞ高校野球の醍醐味です!・・・準決勝は「高嶋 VS. 西谷」の名将対決となりますが、大阪桐蔭が一歩上かなあ・・・

プロ野球が昨日の開幕2戦目から
すべてデーゲームとなり、今日も
同様でしたが、これ、毎年言って
いますが、なんとかならないもの
ですかねえ。

昔は巨人戦はすべてナイターでした。

せめて、開幕3連戦だけでも、巨人戦
はナイターで中継してもらえないもの
だろうか。

夜に「ポッカリ穴が空いた」ような
状態になるんですよ、プロ野球ファン
からすると。

そんな「穴」を埋めてくれるのは、
今日も夜まで中継していた高校野球
だったりします。

今日は昼間に私は遅い朝食を娘と
取りながら、「智弁和歌山×創生館」
戦を少し見ましたが、この試合、
終盤に見応えのある展開が訪れる
結果となりました。

創生館が2点リードで迎えた9回裏、
智弁和歌山は2アウトながら満塁の
場面を迎えます。

ここで智弁和歌山のピッチャー、
平田が2点タイムリーを放ち、
ついに同点!

9対9。

たまんないね。

智弁和歌山は延長10回、創生館に
1点リードを再び許しましたが、
その裏、黒川の2点タイムリーで
サヨナラ。

「これぞ、高校野球!」と叫びたく
なるような展開でした。

特に、9回裏の攻防は。

いいものを見させてもらいましたよ。

さて、明後日の準決勝、智弁和歌山は
今日の第3試合、花巻東に19対0で
勝った大阪桐蔭と対戦します。

しかし、19対0というのもねえ・・・。

大阪桐蔭のここ数年の強さは、
それこそ、80年代のPL学園を
彷彿とさせるようなものがあり、
正直、「ハンソクだろう」と
思ってしまうところもあります。

智弁和歌山の名将・高嶋監督に
対し、大阪桐蔭の新名将・西谷
監督が挑むという図式ではあり
ますが、ここ数年の大阪桐蔭の
強さは別格でして、今回も大阪
桐蔭が一歩上かなあという気は
します。

でも、やってみなければ分かり
ませんからね、一発勝負の高校
野球は。

「物量差」では大阪桐蔭の方が
圧倒的に上でしょうから、僅差の
勝負になった時こそ、監督の采配
が勝負を左右することになる
でしょう。

なかなかに興味深い対決では
あります。

明日は中休みですから、明後日
ですね。

期待しましょう!



*高校野球といえば、「野球太郎」
でしょう! ↓







posted by あらやまはじめ at 20:02| 神奈川 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村