2017年11月11日

24勝0敗のマー君が取れなかった正力松太郎賞を、ソフトバンクのサファテが受賞?・・・王貞治さんの悪口は言いたくないですが、これはちょっと・・・

昨日、一昨日とブログ記事を更新
できず、失礼いたしました。

今後、こういう機会は増えていく
かもしれませんが、生活パターンの
変更に伴うことですので、どうぞ
ご了承ください。

さて、昨日のスポーツ紙に載って
いた話題で、一つ取り上げたいこと
があります。

今年の正力松太郎賞です。

この正力松太郎賞について、私は
毎年のように「こんな賞はもう
いらない」と力説してきました。

本来、野球の発展にその年で最も
功労があったプロ野球人に贈られる
賞のはずですが、ここ何年も日本
シリーズに勝った監督のみが選出
されてきていました。

これなら、最優秀監督賞だって別に
あるわけですから、いらないだろう
というのが、私の意見の趣旨なわけ
ですが、今年はなんとソフトバンク
のサファテが受賞しました。

私は激怒しましたよ。

正力松太郎賞の選考委員長の王貞治
さんに。

私は巨人嫌いではありますが、昔から
王さんは別格として好きな存在でした。

しかし、今回はちょっと・・・。

そもそも、正力松太郎賞の選考は、
「王さんに逆らえる人物がいない」
というのが問題点です。

そりゃあ、「世界の王」を目の前に
して、異論は唱えられないでしょう。

だから、ここ十数年、日本シリーズの
優勝監督が選ばれてきたのですが、
例外もありました。

「ダブル受賞」です。

2012年、巨人が日本一になった時、
原監督だけでなく、阿部も同時に
選ばれました。

ところが、2014年、楽天が日本一に
なった時には、24勝0敗のマー君は
「特別賞」にとどまり、正力賞は
星野監督が受賞。

この時ですね、「正力賞はもう
いらない」と私が確信したのは。

24勝0敗という、空前絶後の数字を
残しても正力賞をもらえない。

ところが・・・。

今年のサファテも50セーブを超えて
抑えとしては記録を作りましたが、
先の阿部にしろ、今回のサファテに
しろ、王さんに関わりのあった球団
の選手です。

これがねえ、どうにもこうにも納得
いかないんですよ。

所詮、「王さんの好きな球団の選手
しか選ばれないのか」という気持ち
になる。

もちろん、王さんだって人間ですから、
そういう思いにかられるのは仕方の
ないところですが、「だったら、
なぜマー君を選ばなかったのか」
と、私は思うんですなあ。

・・・まあ、王さんの悪口は言いたく
ないので、このくらいにしますが、
もう、来年からはいらないでしょう、
正力賞は。

意味合いがなくなってきた。

恣意的に選ばれる賞はもういいですよ。

時代の趨勢に合わない。



*この方こそ、正力松太郎さんです。↓

posted by あらやまはじめ at 21:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村