2017年11月03日

「エモやん」、江本孟紀さんが旭日中綬章を受賞は、プロ野球界4人目の快挙!・・・「スポーツ平和党」で参議院議員を二期務めたことが大きかったのは間違いない、おめでとうございます!

日本シリーズは明日から第6戦が
行われます。

その前に、プロ野球界にとっても
喜ばしいニュースが入ってきました
ので、紹介しておきましょう。

今日のサンケイスポーツの芸能面に、
「エモやん 旭日中綬章」の見出しが
大きく掲載されていました。

エモやん。

江本孟紀(えもとたけのり)さんですな。

エモやんと言えば、81年でしたか、
「ベンチがアホやから野球がでけ
へん」なる言葉と共に、球界を去り
ました。

その時、エモやんはまだ30代前半
でした。

私は小学生の高学年でしたが、子供
ながらに「思い切ったことをする
大人だ」と思った記憶があります。

その翌年、「プロ野球を10倍楽しく
見る方法」なる本を書いて、これが
大ベストセラーとなりました。

(*これですな。懐かしい。↓)




私は88年あたりから、毎日のように
プロ野球中継(当時は地上波の巨人
戦ばかりでしたが)を見るようになり、
スポーツ紙も毎日買うようになりました。

その頃に、テレビやラジオの解説、
またサンケイスポーツのコラムで
私を大いに喜ばせたのがエモやん
でした。

私は巨人が嫌いでしたから、巨人に
常に手厳しいエモやんにはいつも
拍手を送っていました。

思えば、あれから30年近く経ちますが、
エモやんはまだサンスポにコラムを
書き続けています(今日も日本シリーズ
第5戦の戦評についてのコラムが掲載
されていました)。

そんなエモやんが政界に進出すること
になったのは90年代前半です。

私は当時、アメリカに留学していました
ので、詳細については知りませんでした
が、エモやんがアントニオ猪木さんの
「スポーツ平和党」から立候補して、
見事当選。

参議院議員として二期、務めることと
なりました。

スポーツ平和党って、私が留学する前、
80年代後半に猪木さんが作って、結構
なムーブメントになったんですよ。

あの当時は、いわゆる「55年体制」で、
自民党が与党を続け、社会党が万年
野党の時代でした。

そんな中で、猪木さんが新党を結成した
のは大きな衝撃でした。

今の時代、雨後の筍のように新党が
次々に発生していますが、あの時は
新党は何年かに一回しか生まれ
得なかった。

私も結構応援していましたよ、スポーツ
平和党は。

スローガンが党名になったような感じ
でしたしね。

良く言えば「スポーツを通じて平和を」、
悪く言えば「スポーツしか考えていない」。

結果的に長続きはしませんでしたが、
その後の新党ブームにつながるものを
作ったのは猪木さんのスポーツ平和党
ではなかったかと、今でも私は思って
います。

・・・ちょっと長くなりましたが、そのスポーツ
平和党から出馬して参議院議員として
活動したことが、今回の旭日中綬章の
受賞につながったことは間違いない
でしょう。

というのも、プロ野球界4人目の快挙です
が、過去の受賞者は、元南海監督の
鶴岡一人さん、元巨人監督の川上哲治
さん、そして、元西鉄の大エース、稲尾
和久さんの3人と、いずれもプロ野球界
での功績がずば抜けた人たちばかり
だからです。

鶴岡さんはプロ野球の最多勝利監督で、
川上さんは前人未到の9連覇を達成した
大監督、稲尾さんは日本シリーズで
4連投4連勝をし、シーズン42勝の記録
を作った大エースでした。

エモやんは、プロ通算113勝126敗です。

しかも、辞め方が前代未聞でした。

やはり、参議院議員になってからの
働きが大きかった。

私が覚えているのは、サッカーくじの
「toto」の創設です。

これ、結構反対意見も多かったと記憶
していますが、そこは元プロ野球選手の
エモやん、その財源の一部をスポーツの
発展に回せないかと奔走しました。

そして、現にtotoの売上の一部から
ナショナルトレーニングセンターが
作られ、結果的には東京五輪の実現
にも一役買ったというわけですから、
日本のスポーツ行政に対しての貢献は
大きかったと言って言い過ぎではあり
ません。

こういうことは、野球界にいただけ
ではできませんからね。

政界に入らなければできないことを
成し遂げたのですから、今回の受賞も
異議を唱える人はいないでしょう。

しかし、エモやんが勲章を受章するの
ですから、人生は本当に分からない
ものです。

エモやんが現役時代の南海監督の
野村克也さんだって、まだもらって
いませんよ、この手の勲章は。

野球だけなら、どう考えてももらえ
なかった。

野球以外の分野に視野を広げた
エモやんの大勝利でしょう、これは。

長年の「エモやんファン」の私からも
「おめでとうございます!」と一言、
万歳しながら祝福させて頂きたいと
思います。


*今でも、2年に1回くらいは著書が
出版されています。私も必ず読んで
います。↓




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野村克也解体新書 ノムさんは本当にスゴイのか? [ 江本孟紀 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/11/3時点)














posted by あらやまはじめ at 20:03| 神奈川 ☀| Comment(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村