2017年11月01日

【日本シリーズ第3戦速報】DeNAはソフトバンクの真似事をして、意地でも盗塁をしようとしている場合ではない・・・「所詮、セリーグ3位だから」との負け犬根性を払拭しない限り、明日4タテを食らっても仕方がないですよ

なんでしょう、今年の日本シリーズは
「日本シリーズとは呼べない」ような
試合が続いています。

今日の第3戦も、はっきり言って、
初回のソフトバンクの攻撃で、
大勢が決まってしまいました。

先頭の柳田がヒットで出塁。

DeNAの先発はウィーランドでしたが、
次のバッター、今宮の場面。

今宮はバントの構え。

その初球、今宮がバントの構えから
バットを引くと、一塁ランナーの
柳田がすかさず盗塁ですよ。

これねえ、ウィーランドはおろか、
キャッチャーの嶺井も全く警戒して
いませんでした。

柳田と言えば、一昨年はトリプル
スリーを達成したくらい、足には
定評のある選手です。

去年、今年と、さほど走れなかった
とはいえ、あまりに柳田の足を甘く
見ていました。

この時点で、「ああ、今日もDeNAは
厳しいだろう」と私は思った。

その直後、今宮はすかさずバントを
成功させて、柳田は三塁へ。

内川のタイムリーですぐにソフト
バンクは先制ですよ。

・・・私は頭を抱えたね。

ただでさえ、彼我の戦力差は大きい
のに、ここまで細かい野球をされて
しまえば、DeNAは「初回から戦意喪失」
状態になったのではないでしょうか。

その裏、DeNAは2番の梶谷が出塁し、
3番のロペスの場面で、まるで柳田と
競うように梶谷が二盗を試みましたが、
あえなく、高谷に刺されてしまった。

何を競っているのか?

ロペスの場面で、シーズン中、梶谷を
走らせたことがあったか?

こういう、チグハグな攻撃をして
いれば、せっかくランナーが塁に
出ても、チャンスの芽が広がらない
わけでしてね。

続く2回裏にもDeNAは同じように
二盗を試みる場面がありましたが、
「いい加減にしろ」と私は憤慨
しましたよ。

ソフトバンクの真似事をして、
意地でも盗塁をしようとして
いる場合ではないでしょうが。

ソフトバンクは4回表にも2点を
追加して、3対0。

その裏、ロペスがソロホームランを
放ちましたが、つくづく思うのは、
「なぜ初回に、ロペスの場面で
梶谷を走らせたのか」ですよ。

ロペスに対しても失礼です。

ベンチの采配だとしたら、とち
狂っているとしか思えない。

どっしり構えるべき時に構えない
チームが勝てるわけがない。

DeNAは6回裏に倉本のタイムリーで
なんとか1点差まで詰め寄りましたが、
ここまででした。

そういえば、今日のDeNAは後半、
先発要員の井納を中継ぎで登板
させましたが、もう、日本一に
なることをあきらめたんですかね?

初戦に登板した井納は、順当に
行けば第5戦あたりで先発かと
思っていましたが、もう第5戦
まで行かない、とベンチでさえ
思っているという証左でしょう、
これは?

はっきり言って、明日でソフト
バンクが4タテして日本一になる
可能性は大です。

DeNAからすれば「所詮、セリーグ
3位だから」という気持ちがどこかに
あるかもしれませんが、それは日本
シリーズという歴史ある舞台に対して
失礼です。

この負け犬根性を払拭しない限り、
明日で日本シリーズは終わって
しまいますよ。

せめて、「シーズンの野球」を取り
戻そうではありませんか。

しなくていい盗塁などする必要は
ないし、CSの再現を狙って先発要員
を中継ぎに回す必要もありません。

血迷っていますよ、DeNAは。

「普段の野球」をせめて見せてほしい
ものです、明日の第4戦こそ。

「普段の野球」をしてソフトバンクに
4タテを食らったら、それはそれで
「実力差」ですから、仕方がない。

このままでは、「何のための日本
シリーズだったのか?」と思われ
ますよ。

「3位でも、セリーグチャンピオン」
との誇りをもって、普段通りの野球を
してもらいたい。

DeNAの「よそ行きの野球」など、
だれも見たくないし、だれも望んで
いません。

せめて、明日こそ、意地を見せて
ほしい。



*こういうのを楽しむ前に、日本
シリーズが終わってしまいそうで・・・。↓







posted by あらやまはじめ at 00:14| 神奈川 ☀| Comment(0) | 横浜DeNAベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村