2017年10月27日

楽天のドラフト2位、岩見は明日からの早慶戦で6大学ホームラン記録更新がかかっている、大注目ですよ!・・・一浪して慶大に入った苦労人、ぜひ楽天で活躍してほしいものです

昨日のドラフトは清宮一色の感が
ありましたが、今日、私が購入した
日刊スポーツでじっくりと振り返れば、
他にもいい選手は目白押しであった
ことが分かります。

今年は、例年になく、バッターが注目
されましたね。

昨年あたりは、阪神を除けば、全球団
ピッチャーを1位指名していたような
記憶がありますが、今年は清宮を始め、
広島が交渉権を獲得した広陵の中村
とか、ロッテに入団確実な履正社の
安田、さらにはドラフト2位ながら楽天に
入団濃厚な慶大の岩見もいます。

私は楽天ファンですので、この岩見に
ついて少し取り上げたい。

なかなか、「ドラマのある男」なんですよ、
この岩見は。

大学生にして、既に。

比叡山高校出身の岩見ですが、高校
時代は目立つ選手ではなかった。

よって、野球での推薦入学とかは
なかったのでしょう。

岩見は一浪して慶大に入学しました。

一般入試だったのかな?

だとしたら、相当勉強したはずです。

入学したはいいものの、1、2年生の
時にはなかなか結果を出せずに
もがき苦しんでいました。

つらかったと思いますよ。

大学の野球部は、大学にもよるでしょう
が、一学年違えば、「神様と奴隷」の
ように扱いが違うわけですから。

一浪したが故、同学年の連中が「先輩」
となり、足でこき使われるようなこと
だってあったはず。

私なら耐えられないな、そんな「体育会
系」の場所に身を置くことは。

ですが、岩見は3年生になって以降、
頭角を現し始めます。

そして、4年生となった今年、6大学
リーグで年間新記録の12ホームランを
放ち、通算ホームラン数も21まで伸ばし、
高橋由伸(現巨人監督)の6大学記録の
23本まであと2本と迫るところまで
来ました。

私もスポーツニュースで何度か岩見の
バッティングを見ましたが、構え自体は
小さいのですが、振り出してからの
スイングがめちゃくちゃ速い。

パッと見、「外国人選手のような
バッティング」をしているなあという
印象です。

こういうタイプのホームランバッターは
日本でもそんなにいないはずですよ。

西武の中村に近いような気もしますが・・・。

まあ、楽天の場合、外国人選手にホーム
ランバッターはたくさんいます。

吸収できる点は多いでしょう。

実際、本人も「アマダーさんに聞きたい」
というようなことも話しているようですし。

しかし、まずは明日からの早慶戦、
大注目です!

2本ホームランを放てば、由伸監督と
並ぶわけですから。

ここまで来たら、絶対並んでほしい
ですね。

超えなくても構いませんので。

こんなチャンスはなかなかない。

ぜひとも、由伸監督の記録に並んで、
楽天に入団してからも活躍してほしい
ものです。



*「野球太郎」以外にも、ドラフト関連本、
いろいろ出ていますよ。↓









posted by あらやまはじめ at 21:32| 神奈川 ☀| Comment(0) | 東北楽天ゴールデンイーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村