2017年10月22日

【パリーグCSファイナルステージ第5戦速報】楽天、終戦・・・初回、先頭打者の柳田に打たれた時点で、負けを覚悟しました・・・でも、夏場以降の大失速を考えれば、CSではよく盛り返しましたと思います、お疲れ様でした!

残念ながら、今季の我が楽天の
戦いが終わってしまいました。

終戦、ですな。

今日のCSファイナルステージ第5戦、
私は最初ニッポン放送で聞いて
いましたが、初回、先頭打者の
柳田にヒットを打たれた時点で
私は「こりゃ、負ける」と覚悟
しました。

柳田はずっとケガで休んでいた
選手ですよ。

そんな病み上がりの選手にいきなり
打たれるようでは、「お先真っ暗」
というのが、正直な気持ちでした。

実際、その回、楽天の先発の美馬は
3失点。

「終わった」と思った。

4回裏には再び3失点。

0対6。

トドメを刺されました。

よって、今日の中継はテレビでは
ほとんど見ていなかったのですが、
収穫があったとすれば、美馬が
降板した後、高卒ルーキーの藤平
が投げたことでしょうか。

この経験は必ずや、来年以降に
生きるはずです。

高卒一年目で、CSで投げられると
いうのは、なかなかできること
ではありませんからね。

今季の楽天、当ブログでは何度も
「夏場までは貯金30を超えていて
首位を走っていた」ことをお伝え
してきました。

ですが、思い返せば、ソフトバンク
も1差、2差くらいでずっと追走して
きていた。

夏場まで同じ貯金30として、楽天は
貯金を15以上減らした。

一方のソフトバンクは貯金を15以上
増やした。

結局のところ、ケガ人が両チーム共
出ましたが、「戦力の差」がそのまま
成績に反映されたような形となりました。

ソフトバンクは柳田に内川が抜けても
貯金を増やすことができた。

一方の楽天は、ケガ人の代わりがいな
かった。

これに尽きます。

戦力の彼我の差については、「資金力
の差」でもあります。

いかんともしがたい面がありますが、
今年の前半を思い出せば、楽天は
一時、独走していたわけです。

戦力アップも必要ですが、ケガ人を
いかに出さないようにするか、選手の
ケアの部分を来年は今年以上に力を
入れてもらいたいものです。

夏場以降の大失速は残念でしたが、
CSではファーストステージで西武を
破り、ファイナルでもソフトバンク
に2連勝して、「あわや」と思わせて
くれました。

これだけでも十分じゃないですか。

昨年はBクラスだったわけですからね。

選手や関係各位には「お疲れ様でした!」
と労いたいと思います。

一年間、楽しませてくれて、感謝して
おります。

ありがとうございました!


*来年の藤平が、今から楽しみ! ↓









posted by あらやまはじめ at 19:35| 神奈川 ☔| Comment(0) | 東北楽天ゴールデンイーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村