2017年10月06日

西武の源田は、徳武定之さん以来、56年ぶりの新人フルイニング出場、これで新人王が獲れなかったらおかしい…安打数も155本、長嶋茂雄さんを超えたわけですから、誉めちぎっていい!

昨日、私は「西武×日本ハム」の
最終戦を少し見ていました。

ちょうど、源田が三塁打を放った
場面を目にしましたが、これ、
今季10個目の三塁打で、新人
ではなんと、59年ぶり5人目の
快挙でした。

西武は昨日でシーズンの試合が
すべて終了。

源田はそのすべてに、一回も
欠かすことなく、フルイニング
出場をしました。

今日、私は報知新聞を購入し
ましたが、その記事が三面で
大きく取り上げられていました
が、この源田の記録、なんと、
56年ぶりの快挙ですよ!

元国鉄の徳武定之さん以来。

徳武さんといえば、私は中日の
代行監督をしていたことくらい
しか知りません。

徳武さんにそんな記録があった
んですねえ。

こういう古い記録を呼び起こして
くれたことも、源田の快挙と
言っていいでしょう。

また、安打数も数日前に長嶋
茂雄さんの153本を超えて、
昨日の試合で155本にまで
伸ばしました。

さすがに、佐々木信也さんの
180本には届きませんでした
が、佐々木さんは154試合
での達成ですからね。

源田もあと11試合多かったら、
とうなっていたか、分かり
ません。

…もっとも、長嶋さんは130
試合で153本ですから、
単純比較はできませんが。

しかし、まあ、すごい選手が
出てきたものです。

今季、私は西武の試合、嫌と
いうほど娘に見せられました。

「にわか西武ファン」になり
ましたから、高一の娘は。

特に夏場以降は、我が楽天が
西武ドームで屈辱の6連敗を
喫し、あの時点で楽天の優勝
がほぼ消滅してしまった。

挙げ句の果てには、首位を
陥落し、西武にも抜かれ、
3位ですから…。

この西武の快進撃の原動力と
なったのが源田でした。

ヒットを量産できるし、
バントは決められるし、足は
速いし、ショートの守備も
堅実。

しかも、故障がない。

認めたくなくても、「いい選手
だ」と認めざるを得ません。

パリーグの新人王は間違いない。

というか、これで新人王を獲得
できなかったら、おかしい。

それくらいの見事な活躍ぶり
でした。

私は楽天ファンですが、源田に
関しては誉めちぎっていいと
思います。


*源田のカードです。↓


posted by あらやまはじめ at 18:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村