2017年09月23日

ロッテの井口が監督就任に前向き?・・・であれば、今すぐにでも「監督代行」として、経験を積ませるべきです、伊東監督だって禅譲してくれるでしょう、そうであれば

今日、私はサンケイスポーツを
購入しましたが、日刊スポーツの
裏一面で「井口」のデカ字が躍って
いたことも気になっていました。

先程、Yahooニュースをチェック
したら、早速、井口の話題が出て
いました。

「井口、ロッテ監督就任に前向き」


・・・これねえ、先月私は下記の記事を
当ブログで書きました。↓

・【速報】ロッテの伊東監督、今季限りでの辞任表明は致し方ないですが、残り42試合、何を目標に戦うのか?・・・井口が来季の監督候補であれば、すぐに監督代行としてやらせてみてはどうか?
http://arayamahajime.seesaa.net/article/452669491.html


・・・まさに、予想したとおりの展開と
なりました。

井口に「監督代行」をやらせれば
よかったんですよ、あの時点で。

まあ、井口にまだ監督をやるつもり
がなかったとすれば仕方がないです
が、多少なりとも「色気」を出して
いたとすれば、やっぱり、監督代行
をやらせておくべきだった。

あの時点では「残り42試合」でした。

今は、今日の試合を終えて「残り9
試合」です。

この33試合、何をやってきたのか?

もうねえ、こういうところが歯がゆい
んですよ、ロッテは。

私は楽天ができる前は、パリーグでは
ロッテが比較的好きな球団でした。

私が仙台に住んでいた高校の頃は
ロッテは仙台でまだ主催試合を
年間何試合か行っていましたしね。

体質はあの頃から変わっていない。

「事なかれ主義」。

先を見据えたことが何もできない。

伊東監督が辞任を表明した時点で
残り42試合もあったんですよ。

33試合を無駄にしてしまった。

こういう報道が出たからには、
恥も外聞も捨ててねえ、今から
でも遅くない、ロッテ球団は井口
を「監督代行」として、経験を
積ませるべきです。

伊東監督をベンチに置いておく
意味があるのか、今更?

井口が「監督をやりたい」との
意向を示しているのであれば、
伊東監督だって禅譲してくれる
でしょう。

物分りの悪い監督ではないはず
ですよ、伊東監督は。

すべて、後手後手。

これでは、優勝できないのも当然
です。

最下位を独走しているロッテ。

今から、「井口代行監督」が指揮を
取れば、ファンも喜ぶはずなんです
がねえ・・・。

なにより、井口にとってもいい経験
になる。

来季になって、いきなり監督をやる
よりも、「助走期間」があれば、
来季のロッテにとってもいいはず
だと思うのですが・・・。

「善は急げ」です。

今すぐ、井口に監督代行を任せる
度量がロッテには必要。

でなければ、来季も今季と同じように
最下位を独走、ひいては、パリーグを
つまらなくする原因を作ることになり
ますよ。

パリーグファンの一人としても、ここは
井口にすぐにでもロッテ監督に、代行で
いいから、就任してもらいたい。

それが、最下位を独走した今季のロッテ
のせめてもの恩返しでしょうが、コアな
ファンに対しての。



*井口のグッズも、引退を直前にして、
たくさん出ています。↓








posted by あらやまはじめ at 21:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村