2017年09月22日

【速報】広島のバティスタ、巨人のマイコラスから右打ちのタイムリー2本はうまかったねえ・・・通訳のクレートさんもすっかりお馴染みになりましたなあ、昔のバルボンさんを思い出しますよ

今日のプロ野球は、マツダスタジアム
での「広島×巨人」戦、一試合のみが
行われました。

私もニッポン放送でこの一戦の中継
を聞きながら、PCで作業をしていま
したが、終始、広島が圧倒していま
したなあ。

広島は、4回裏と5回裏にそれぞれ
2点ずつ取って、結果的には5対0で
巨人に勝ったわけですが、その両回で
タイムリーを放ったのが、バティスタ
です。

バティスタのそのバッティングは、
試合終了後のVTRで私も見ましたが、
うまかったですねえ。

私も今季、そんなに広島の試合は
見ていませんが、バティスタと言えば、
「引っぱり専門」のイメージがあります。

とにかく、スイングが速いんですなあ。

だから、打球がレフト方向に一直線に
飛んでいく。

低い弾道でフェンスを越えるシーンを
何回も見てきました。

ところが、今日は、巨人のマイコラス
から打ったタイムリー2本はいずれも
ライト方向でした。

特に、4回裏の打席では、マイコラスの
切れのいいアウトコースのスライダー
をうまくおっつけて、ライトに持って
いきました。

こんなにうまいバッティングができる
んですなあ、バティスタという選手は。

ちょっと、見直しましたよ。

CSや日本シリーズでも「ここぞ」と
いう場面で使えるんじゃないですか。

バティスタはスタメンで使われたかと
思うと、次の試合で使われなかったり
します。

それだけ、広島の戦力が厚いという
ことも言えますが、今日のような
バッティングを見ていると、使わない
のはもったいないと思いますねえ。

試合後のヒーローインタビューは、
私も娘を誘って、一緒に見ました。

バティスタの通訳のクレートさん、
娘も好きですから。

かなり怪しげな(?)日本語で通訳
するクレートさん、すっかりお馴染み
になりましたなあ。

ですが、クレートさんの前にもこの
ような通訳は日本のプロ野球界には
いました。

元阪急のバルボンさんですよ。

私は、高校時代でしたかね、その
通訳のハチャメチャぶりを知った
のは。

「阪急のバルボン」は、書籍などで
知っていましたが、通訳として知った
のは80年代後半でした。

あれは、阪急が西武と近鉄と最後まで
優勝争いをしていた頃でしょうか。

パリーグの3チームが最後まで熾烈な
首位争いを行っていて、阪急の試合も
急遽、ラジオはおろか、テレビでも
地上波で緊急中継されることがあった
んですよ、当時は。

朝刊のテレビ欄には載っていなくても、
夕刊のテレビ欄には阪急戦の緊急
中継が載っていたりしてね。

阪急の試合が、19時半から急遽中継
されていましたよ。

今では考えられませんが。

当時私は仙台に住んでいましたが、
関東圏でもそうだったと思います。

その頃ですよ、バルボンさんの通訳
を知ったのは。

クレートさんと違うところは、
バルボンさん、「関西弁」で通訳
をしていたところです。

あれは驚いたなあ・・・。

クレートさんを見て、バルボンさんを
思い出したオールドファンは私だけ
ではないと思いますよ。

まあ、話題になるのはいいことです。

今年に関して言えば、心情的には
広島に日本一になってもらいたい
気持ちが少しありますかねえ。

パリーグは間違いなくソフトバンクが
CSを勝ち上がってきます。

「金満球団」にこれ以上、いい思いを
させるべきではありません。

別にソフトバンクが嫌いなわけでは
ありませんが・・・。

「戦力均衡」を考えれば、今年は広島
が勝った方がいいんじゃないかなあ。

これから、ちょっと広島の試合、個人的
には注視していきたいと思います。



*貴重な「阪急・バルボン」のカードです
(逆さまですが・・・)。↓

posted by あらやまはじめ at 22:20| 神奈川 ☔| Comment(0) | 広島東洋カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村