2017年09月06日

【グラチャンバレー速報】「中田ジャパン」はロシアに惜敗しましたが、新鍋理沙や野本梨佳など、新たな人材が出てきたのはうれしい!・・・ベテランの荒木絵理香も頑張っている、優勝を目指してほしいですね

昨日から始まった「グラチャン
バレー」、私は昨日も少し見て
いましたが、今日は少し記事に
して残しておきたいと思います。

プロ野球もところどころ見て
いましたがね。

今日はバレーボールでしょう。

監督が中田久美さんに交代して
からは、初めての地上波の放送。

昨日の韓国戦は3-0で快勝しました。

今日の対戦相手は、これまた強敵の
ロシア。

第1セットは「中田ジャパン」が取り
ました。

ですが、その後は、ロシアが接戦を
ことごとく取って、日本は惜敗。

まあ、身長190センチ超の選手が山の
ようにいますからねえ、ロシアは。

むしろ、日本は善戦したと言える
でしょう。

なにしろ、日本は、大黒柱の木村
沙織さんが引退して、また昨年の
五輪で活躍した古賀紗理那がケガ
で離脱し、宮下遥も出ていない。

そんな中で、新たに、新鍋理沙や
野本梨佳といった新たな人材が
昨日の韓国戦に続いて、今日の
ロシア戦でも活躍しました。

(*新鍋と野本です。↓)







うれしい話じゃないですか!

もっとも、新鍋にしても野本に
しても、中田久美さんが監督を
していた久光製薬の選手だそうで、
「埋もれていた存在」だったのかも
しれません。

監督が交代すると、こういうことも
あるのは、バレーボールの世界でも
同じです。

その監督についても少し触れておき
ましょうか。

中田久美さん。

私は高校時代、彼女のファンでした。

「天才セッター」と呼ばれてね。

私は当時、男子校ながら「硬派」を
気取っていまして、「どういう女性が
好きなのか?」と友人に問われた
時、本当はアイドルも好きだったの
ですが、「中田久美が好きだ」と
言っていました。

すると、連中は「おー、そうか」と
一目置いてくれたような気がしてね。

・・・まあ、懐かしい話です。

でも、中田久美さんが若い頃は
そういう存在だったということです。

現役時代からクールなイメージが
ありましたが、監督になって、ます
ます「孤高の存在」になったような
気がしますね、見ていると。

日本がいいサーブを決めたりしても、
ニコリともしませんからね。

・・・まあ、監督業というプレッシャーは
大変なんだと思います。

でも、試合が終わって、勝った時に
見せる笑顔が現役時代のままですよ。

今もかわいらしい。

・・・と言っては失礼かもしれませんが。

(*彼女は写真集も出しています。
紹介しておきましょう。↓)




最後に、昨年の五輪でも活躍した
荒木絵理香についても一言触れて
おきましょう。

33歳と最年長ながら、今日も途中
から出場してねえ、若手を鼓舞して
よく頑張っていましたよ。

こういう荒木の姿を見ると、引退
した「サオリン」だって、出産後に
復活できるのではないかという
気もしないではないですがね。

今日の試合を通して見ていると、
やはり、「決定力不足」は否め
なかったと思います。

「サオリン」のようなエースが
いなかったというかね。

まあ、彼女のような存在を一朝
一夕に作り出そうとしてもそれは
無理な話ですが、近い存在は早々
に作っていかないと、東京五輪
までに間に合わないような気も
します。

個人的には、古賀紗理那こそが
「サオリン」の後釜として最適
だと思っていましたが、新たな
人材を活用するのであれば、
それは中田監督次第というところ
でもありましてね。

結局は、監督が抜擢するものです
から、エースは。

試合は来週まで続きます。

「次代のエース」が誰になるのか、
にも注目しながら、私もなるべく
中継を見ていきたいと思います。



*「サオリン」のこの本、私も購入
しました。バレーボールファンは
必読でしょう。↓




posted by あらやまはじめ at 22:27| 神奈川 ☔| Comment(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村