2017年08月12日

【速報!】日本文理の3番・川村啓真と4番・松木一真のバッティングは脅威!・・・次戦は、今朝勝った仙台育英と当たる、長谷川拓帆がどう抑えるのか、非常に楽しみです

夏の甲子園、今日の第1試合、私の
出身地である宮城県代表の仙台育英
は北北海道代表の滝川西を相手に、
15対3で圧勝しました。

この試合、私は見られなかったの
ですが、試合後の佐々木監督の
インタビューは見ることができました。

幸先の良いスタートとなりましたね。

もっとも、北海道のチームというのも、
東北の人間にとっては、「同じ北の
チーム」ということで、ある程度、
愛着があります。

正直言えば、一回戦で当たってほしく
なかったという思いもありますが、
こればかりはくじで決まることです
から、仕方がありません。

それより、気になったのは、その
直後の第2試合の日本文理と鳴戸
渦潮の対戦です。

これ、私も最初の方を少し見ていま
したが、日本文理の序盤の攻撃は
ものすごかったですね。

特に、3番の川村啓真は初回に2ラン、
2回にタイムリーと、鳴戸渦潮の先発、
河野を一気に攻めたてました。

また、4番の松木一真のバッティングも
高校生離れしたスイングスピードで、
2回にはタイムリーを放ち、日本文理は
試合を有利に進めることとなりました。

左ピッチャーの河野も決して悪くは
なかったと思いましたが、スライダー
がことごとくストライクゾーンから
外れたため、ストレートで勝負せざる
を得ませんでした。

そこを川村・松木の3・4番が狙い
打ったんですなあ。

現在、試合は続いていますが、8回表が
終わって9対3ですから、日本文理が
初戦を制するでしょう。

次戦は、仙台育英との対戦となります。

これは楽しみですねえ。

仙台育英も今日15点を入れていますが、
ここには好投手、長谷川拓帆もいます。

長谷川が日本文理の強力打線をどこ
まで抑えられるのか。

期待は高まります。

次戦も、なるべく当ブログで【速報】を
お伝えできればと思っています。



*この時期になると、読みたくなります。↓








posted by あらやまはじめ at 14:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村