2017年07月30日

【速報】早実敗れる、清宮を夏の甲子園で見られないのは残念ですが・・・東海大菅生も日大三と早実を破ったのですから強豪であることに間違いはない、胸を張って甲子園で戦ってきてほしいですね

今日の午後、今年の夏の甲子園、
西東京の決勝戦、「早実×東海大
菅生」戦が行われました。

私もところどころテレビで見て
いて、最後の方は出先のラジオで
聞いていましたが、東海大菅生が
6対2で早実を破り、17年ぶりの
夏の甲子園出場を果たすことと
なりました。

東海大菅生は4年連続で決勝戦に
進出だったんですよねえ。

西東京の場合、日大三と早実と
いう強豪校が常に優勝争いに
絡んでいます。

その二校に限らず、他にも強豪校
はたくさんある。

「あの東海大菅生が17年ぶり?」
と私でさえ驚いたくらいですから、
甲子園への道がいかに遠い、熾烈な
ものであるのかがよく分かります。

今大会で、東海大菅生はその日大三
を準々決勝で破り、早実を決勝で
破りました。

強豪であることに間違いはありません。

胸を張って甲子園で戦ってきてほしい
ですね。

ちなみに、私が住む川崎市多摩区と
いう土地は、一応神奈川県ですが、
高校野球の区分けで言えば、距離的
には西東京に近いんですよ。

日大三も東海大菅生も近い。

神奈川県代表の横浜高校よりもずっと
近いことから、西東京代表校には
妙な親近感があります。

頑張ってきてほしいものです。

さて、全国的には「早実敗れる」、
というか「清宮、最後の夏、甲子園
出場ならず」の記事の方が大きい
でしょう。

明日のスポーツ紙は「清宮 涙」の
一面が多くなるはずです。

私も清宮を夏の甲子園で見られない
のは残念ですし、それは他の都道府県
代表の選手たちにとっても同じかも
しれません。

「清宮の早実と相見えたかった」と
いう高校も多いはず。

ですが・・・。

やっぱり、高校野球というものは残酷
なものでしてね。

都道府県で甲子園に行けるのは1校のみ
ですし(東京都と北海道は除いて)、
優勝できるのも1校のみ。

他の4千校前後の高校は最後に涙を
飲むわけです。

だからこそ、感動を呼ぶという側面
があるのですが・・・。

清宮は夏の甲子園後にも、日本代表と
して選ばれる可能性が高いですから、
現在107本のホームランの高校記録も
更新することは間違いないでしょう。

ですが、やっぱり甲子園で見たかった
ですねえ、108号は。

清宮が出るか出ないかで、注目度も
変わってきます。

現在の高校球界で「全国区の選手」は
清宮のみと言っていいでしょう。

それでも、始まってしまえば、毎年の
ように新たなスター選手は出てきます。

清宮を超える選手はなかなか出てこない
かもしれませんが、東海大菅生からも
そんな選手が出てこないとは限りません。

今日は大阪代表も、下馬評通り、大阪
桐蔭で決まりました。

我が故郷の宮城県代表は明日決まるの
かな?

やはり、8月は高校野球の季節。

これから、甲子園の記事も例年どおり、
【速報】を含めて、当ブログでも増やし
ていきたいと思います。


*8月2日発売! ↓






ラベル:早実 清宮
posted by あらやまはじめ at 19:18| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村