2017年07月25日

【速報】今季初、4安打の西武・秋山は「打ち出の小槌」ですなあ、見事ですよ!・・・2番の新人、源田もセンスの塊り、西武は貯金12ですか、CS進出は確定でしょう

今日は、注目のパリーグ首位攻防戦
「楽天×ソフトバンク」戦が、早々と
雨天中止になりました。

仙台の天気については分かりません
が、楽天は14時すぎには中止を決定
したというのですから、これはなんらか
の意図があったと見ていいと思います。

この3連戦、楽天は3連敗しなければ
首位陥落はなかったわけですが、
営業サイドから見れば、「ソフト
バンク戦は、間違いなくシーズン
終盤も首位攻防戦になる」という
思惑もあったことでしょう。

雨空でお客さんの入りもそれほど
期待できないとなれば、終盤に
その一戦を振り替えた方がいいと
いう判断は分からないではあり
ません。

場合によっては、地上波での中継
も考えられますしね。

これはこれで良かったのでは
ないかと思います。

注目の一戦がなくなり、私は娘が
見ている「西武×オリックス」戦を
主に見ることとなりました。

ところどころでしたが。

結果的には7対2で西武の大勝と
なりましたが、なかなかに見応え
のある試合でした。

なにより、秋山が今季初の4安打を
記録したのには、目を丸くしました。

「打ち出の小槌」ですよ。

秋山の場合、くさいボールはすべて
左方向にファウルにする。

今日のオリックスのピッチャーは
「投げる球がない」状態だったん
じゃないですか。

10球くらい粘った挙げ句、すべて
ヒットにしてしまう。

うちの娘が最近、秋山の大ファンなん
ですが、確かにバットコントロールは
両リーグでも一番かもしれない。

ややタイプは違いますが、オリックス
時代のイチロー(現・マーリンズ)の
ような面影もある。

見事でした。

西武は1番にこの秋山を置いて、2番
に新人の源田を配置していますが、
この源田は私は「センスの塊り」だと
思いましたね、今日は。

秋山が塁に出るシーンが続きました
が、源田は、サインではなかったと
思いますが、自らセーフティバントを
試みたりしていました。

これはねえ、なかなかできること
ではありません。

この1、2番を見ただけで、今季の西武は
「強い!」とだれもが思うことでしょう。

実際、今日勝って、西武は貯金12です。

パリーグの場合、楽天が貯金30、
ソフトバンクが貯金27ということ
もあり、西武の存在が忘れられて
いますが、セリーグに持ってくれば
断トツの2位なわけです。

今季の楽天とソフトバンクの貯金数は
異常でしてね。

普段のシーズンであれば、貯金12
なら、パリーグでも2位につけて
おかしくはありません。

眼下の敵である4位のオリックスに
勝って、CS進出はほぼ確定的に
していますが、個人的にはまだ
ソフトバンクにプロ入り以来一度
も勝っていない菊池雄星には、
今季中には勝ってほしいですね。

そうすれば、西武が2位に上がる
確率だって高くなりますし、首位
の楽天からすれば、独走態勢に
入るというものです。

・・・楽天びいきが過ぎましたか?

でもねえ、雄星がソフトバンクに
プロ入り以来一勝もできないという
のはおかしいですよ。

相撲なら「八百長」を疑われても
おかしくない事態です。

あれだけのピッチャーが、特定の
1チームに一勝もできないとは・・・。

頼むから勝ってもらいたいと思います。

今後の西武の戦い、注目しましょう。



*秋山のグッズ、まとめて紹介して
おきますね。↓








posted by あらやまはじめ at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村