2017年07月19日

【速報】バレンティンと山田にホームランが出ても勝てないヤクルト、これで13連敗・・・近藤の好リリーフは私も見ていましたが・・・ちょっと気の毒ですなあ、ここまで来ると

負けているときは、何をやっても
勝てない。

今日の「DeNA×ヤクルト」戦をところ
どころ見ていて、つくづく思いました。

昨日まで12連敗のヤクルトは、今日は
勝てるチャンスはありましたよ。

バレンティンに2本のホームランが出て、
不振が続く山田にもホームランが出た。

打つべき人が打った。

ですが・・・。

7回裏、DeNAは筒香のタイムリーで
3対3の同点に。

この場面は私も中継で見ていました。

まあ、やることなすことうまく行き
ませんよ、今のヤクルトは。

同点直後、ヤクルトは今シーズン
好調な中継ぎの近藤を出しては、
近藤も首脳陣の期待に応えるいい
ピッチングをしました。

近藤はよかったですよ。

躍動感もあってね。

しかし、私が部屋に戻って作業を
再開した間に、DeNAはどうやら
勝ち越しに成功し、そのまま5対3
で勝ちました。

ヤクルトはこれで13連敗。

7月に入ってからまだ勝ち星がゼロ
という状態が続いています。

ちょっと気の毒ですなあ、ここまで
来ると。

ヤクルトの場合、同じ13連敗した巨人
とはちょっとその性質が異なります。

巨人は、元々戦力が十分だった。

ところが、ヤクルトは元々戦力が
十分でない上に、主力にケガ人が
相次いだ。

なにしろ、2年前の優勝時のメンバー
である川端や畠山がいないわけです
から。

バレンティンも開幕直後しばらく
一軍に上がれなかった。

そうなると、相手からすれば「山田
だけ気をつければいい」となり、
実際、山田は大スランプに陥った。

先発ピッチャーはよく投げている
方ですよ。

新人の星とかね。

それでも、打線が振るわないから、
先発投手にも勝ち星が付かない。

悪循環の極みです。

先発の小川を抑えに回したら、
大炎上するしね。

まあ、ここまで連敗が続くと、
「神頼み」くらいしかできない
でしょう、真中監督も。

「これ以上、ケガ人が出ないように」
とね。

どこまで連敗が続くか分かりません
が、真中監督を始め、選手たちも
気が気でないはず。

明日は勝たせてやりたいね。

ちょっと気の毒すぎますよ。


*近藤は好リリーフを続けています。↓




posted by あらやまはじめ at 23:52| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村