2017年07月10日

今日発売の「週刊ポスト」の森高千里さん、12ページの大特集は読み応えがありました!・・・昔からかわいかったですが、人生経験を積んだ今の方が断然いい!

今日発売の「週刊ポスト」、私は
表紙の右上に「森高千里」なる
文字と写真を見まして、即買い
しました。

(*今週の「週刊ポスト」はコチラ
です。↓)




なにしろ、巻頭12ページの大特集
です!

全盛期の90年代初頭の未公開写真と
共に、近影、並びにインタビュー
記事が載っていましたが、これは
読み応えがありました。

森高千里さんは1969年4月11日生まれ
ですから、私の一学年先輩です。

ですが、私が高校生の頃にはその
デビュー曲「NEW SEASON」が昼休み
に校内放送で流れていた記憶があり
ます。

87年デビューですから、私が高校2年
の頃にはデビューしていたんですなあ。

彼女がブレークしたのは「17歳」を
歌った89年です。

「17歳」を歌っていた頃の彼女は、
それはそれは、かわいかった。

この頃から、彼女はミニスカートを
はいては、徐々に自ら特徴的な歌詞を
書き始め、「時代の寵児」となって
いきました。

私は90年〜94年までアメリカに留学
していたこともあり、90年代前半の
彼女についてはほとんど知りません。

ですが、帰国後、仙台で塾講師となり、
仲良くなった先輩と酒を良く飲むよう
になって、「モリタカ」が私の想像
以上に、当時の若者の間では大きな
存在になっていることを知りました。

私の記憶は89年で止まっていたのです
が、その後、彼女はますます進化し、
アイドルというよりは、「アイドルを
超えたアイコン」のような存在に
なっていったんですなあ。

私も80年代アイドルについては、
姉妹ブログでかつていろいろと
書きました。

(*4年前に書いた記事、恥ずかし
ながら紹介しておきましょう。↓)

・【80年代アイドル特集171】森高千里ちゃん・・・作詞家としても秀逸、完璧です!
http://idolarayama.seesaa.net/archives/201303-3.html


この記事でも書きましたが、彼女は
その後結婚し、子育ても経験しては、
4、5年くらい前から表舞台に再び
登場するようになりました。

正直言えば、私は90年代前半の
全盛期の彼女よりも、今の彼女の
方が断然いいと思っています。

私が当時彼女を見られなかったと
いうこともありますが、子育ても
含め、人生経験を積んだ女性の
「落ち着き」のようなものを最近
感じるようになりました。

もうねえ、89年に「17歳」を歌って
いた頃のキャピキャピした「モリタカ」
ではなく、「落ち着いて、当時の歌を
歌う千里さん」の方がどれだけ魅力的
なことか!

にじみ出る人生経験に勝るものは
ないんですよ、女性だって。

今の「モリタカ」の写真も載って
いましたが、全盛期よりちょっと
ふっくらしてね。

年相応に。

でも、それでいいんですよ。

私だって、高校生の頃より20キロ
以上体重が増えたんだ。

それと比べれば、彼女は維持して
いる方ですよ、まだ。

比べちゃ失礼ですが・・・。

まだまだ、「モリタカ」の需要は
あります、我々の間では。

同世代のオヤジどもは疲れ切って
いますから。

今後も時折、その姿を見せては、
テレビの向こう側からオヤジども
の心を癒してもらいたいものです。


*7月26日に発売されます! ↓







posted by あらやまはじめ at 20:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村