2017年03月17日

【東スポ】一面の「小久保監督 続投」は時期尚早です・・・ここまで6戦全勝は評価すべきですが、準決勝の先発は菅野ではなく、千賀か石川で行くべき、最善の策を取らないと

今日の東スポの一面の見出しは
「小久保監督 続投」でした。

東スポのベテラン解説者、大下剛史
さんと伊原春樹さんも、小久保監督
を絶賛しています。

ここまで6連勝ですからねえ。

そりゃあ、ケチの付けようがない
でしょう。

私は以前、当ブログで「小久保監督は
更迭すべき」と書きました。

それは、プレミア12の頃から、先の
WBC直前の強化試合を見ての所感
だったわけですが、ここまで結果を
出せされれば、「実戦に強い」と
言わざるを得ません。

ここまでの小久保監督は、私も絶賛
したいと思います。

特に、大下さんも東スポで触れて
いましたが、調子のいい千賀を急遽
先発に回した「適材適所」の見極めは
大いに評価すべきでしょう。

ただねえ、小久保監督を「名将」と
呼ぶのは、まだ早いですよ。

来週の準決勝、ここが一つの試金石
となります。

今日のスポニチでは、「菅野先発、
その後千賀」という報道がされて
いましたが、これはいけない。

菅野が使えないことは、もう結果が
出ています、誰もが分かっている。

準決勝はトーナメントですから、
負けたら終わりなんです。

であれば、調子のいい千賀か石川で
行くべき。

調子の悪い投手の再起を待っている
暇はない。

伊原さんも東スポで「ここ一番で
使いたい投手は、野球エリートの
菅野ではなく、ハングリー精神の
千賀」と書いていましたが、同感
です。

大舞台で頼れる選手はどちらか。

ここは試金石ですよ。

巨人にいるからこそ重用されている
感がある菅野を信じるのか、今、日本で
一番の投手とも言える千賀を使うのか。

個人的には、「準決勝の先発は石川、
決勝の先発は千賀」でいいと思って
います。

菅野に拘泥する必要はゼロ。

小久保監督のこれまでの「思い切り」
が試される最大の瞬間と言っていい
のではないでしょうか。

賭けに勝てば、私も小久保監督を
「名将」と呼びます。

負ければ、「監督解任」です。

小久保監督にとっても、一世一代の
準決勝ですよ、これは。

まだ、残り一週間あります。

どういう決断をするのか、じっくり
見ていきたいと思います。


*ここは、静かに小久保監督の著書を
読むことにしましょう。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一瞬に生きる [ 小久保裕紀 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/3/17時点)










posted by あらやまはじめ at 20:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村