2016年12月19日

【スポニチ】「日本の、アジアのサッカーなんて」と言っていたバカ娘を無口にさせた、昨日の鹿島アントラーズの柴崎は最大限に褒め称えたい!・・・「勝ちに等しい負け」ですよ、これは

昨晩の「FIFAクラブW杯」の決勝戦、
「鹿島アントラーズ×レアル・
マドリード」戦、私はあえて見ま
せんでした。

20時から「真田丸」の最終回が
あったということもありますが、
それ以上に、昼間にうちのバカ娘
から聞いた一言に、私は激怒して
いたからです。

「日本の、アジアのサッカーなんて、
ヨーロッパに勝てるわけがない」

私が一番嫌いな「ヨーロッパ至上
主義」。

いつの間にか、バカ娘はサッカーを
見て、そう思うようになってしまった。

・・・私の子育てが謝っていたと言う
のはたやすい。

ですが、子育てはそんなに簡単な
ものじゃない。

親が思ってもいないところで、今の
子どもはネットとかで、玉石混交
の情報を仕入れているわけです。

最近、私はつくづく思うんですよ。

「中学生になったら、もう、何か
起こっても、世間から『親の責任』
とは言ってほしくない」と。

親の目の届かないところで、子ども
は、我々が中学生の頃とは考えられ
ないくらいの情報を頭の中に入れて
いる。

ネットとか、スマホで。

これは、もう、親の教育とか指導で
どうこうなるものではない。

四六時中、娘の行動を監視でもしない
限り、これはできない。

時々、親の私が嫌になることもあり
ます。

激怒もする。

私は頭に来た時は、こらえません。

感情をあえてぶつけるようにして
います。

だから、昨日、娘が勉強の途中、
サッカー中継に一旦チャンネルを
変えた時にも「見るな!」と怒った。

ちなみに、その時は2対2でした。

後で見たら、鹿島は柴崎の連続
ゴールで2対1で勝っていたんです
なあ。

でも、見なくてよかった。

結果的にはレアルが4対2で勝った
わけですから。

勝っていたら、バカ娘が何を言った
か、知れたものではない。

しかし、娘は元々柴崎のファンでも
ありましたので、上機嫌でしたよ。

あの同点の時には「えっ」と、
一瞬、娘も無口になった。

それだけで、十分な教育的効果が
ありました。

「やってみなければ、分からない」

決勝まで残るくらいですから、
鹿島がボロ負けするとは私も
最初から思ってはいなかった。

それを差し引いても、年俸の違い
等の条件を考えれば、鹿島の健闘は
褒め称えられるべきですし、私は
あえて「勝ちに等しい負け」と
言いたいですね。

今回の鹿島の準優勝で「日本の、
アジアのサッカーなんて」とほざく
「クソガキども」は間違いなく減る
でしょう。

経験の少ない「クソガキども」を
納得させるためには、これくらいの
結果を出さないといけない。

逆に言えば、ここまでの結果を
出せば、「子どもにも分かる」と
いうわけです。

鹿島アントラーズのみなさんには
感謝したいですね。



*昨日のヒーロー、柴崎のカレンダー、
紹介しておきましょう。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2017年カレンダー/柴崎岳(鹿島アントラーズ)/17CL-0505 [10/22 発売]
価格:2202円(税込、送料無料) (2016/12/19時点)





posted by あらやまはじめ at 19:48| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村