2016年11月09日

今年のゴールデングラブ賞、納得できたのは、楽天の藤田と、広島の菊池だけでしたよ、私にとっては・・・印象度だけで選ぶのなら、こんな賞、廃止すべきです

昨日、今年のプロ野球のゴールデン
グラブ賞が発表されました。

守備のベストナインですな、一言
で言えば。

しかし、選ばれたメンツを見て、
私は愕然としましたね。

「なんで、こんなに巨人の選手が
多いのか?」というのが、まず、
第一印象でした。

あえて言えば、サードの村田は
そこそこうまいとは思いますが、
他に私が巨人の選手でうまいと
思った選手は、多少は巨人戦を見て
いる私から見ても一人もいなかった。

なのに、投手では菅野、ショート
では坂本が選ばれている。

ゴールデングラブ賞という賞は、
マスコミのベテラン記者の投票で
選ばれますが、いかに彼らが普段
巨人戦しか見ていないのかという
証左ですよ、これは。

私もシーズン中は、楽天戦を中心に
パリーグを見ることが多いですが、
今年はDeNA戦を中心にセリーグの
試合を見ることも多かった。

DeNAのショートの倉本なんかは、
坂本よりもうまかったと思います
がねえ。

どう考えても、記者が巨人戦しか
見てないが故の「印象度」の受賞
でしょう、これは。

それでも、坂本は初受賞ですか。

どれだけ、恵まれているんだろうね。

首位打者獲得のご褒美としか思えない。

セリーグの受賞者で、私が納得できた
のは、セカンドの広島・菊池だけですね。

菊池は本当にうまい。

パリーグに目を移せば、こちらも私が
納得できたのは、同じくセカンドの
楽天・藤田だけでした。

日本ハムの中田がゴールデングラブ賞?

冗談でしょう?

日本一のご褒美としか言いようがない。

我が楽天の銀次か、百歩譲っても、
ソフトバンクの内川の方がうまい
ですよ、間違いなく。

キャッチャーも、日本一のご褒美で
大野が選ばれましたが、ここは、
私はロッテの田村を推したい。

日本シリーズでも大野は見せ場は、
ほとんどなかった。

田村の強肩、そして、その正確性は、
もっと評価されるべきです。

個人的には、サードのソフトバンク・
松田も「長年の印象度」で獲ったと
いう印象ですね。

私は楽天戦を多く見ているから
こう思うのかもしれませんが、
楽天のウィーラーこそ、目立ちは
しませんが、サードのゴールデン
グラブ賞に値すると思う。

グラブさばきといい、太めの体に
似合わない俊敏さといい、もっと
守備でも評価されるべきです。

記者は分かっていない。

ショートも、ソフトバンク・今宮が
選ばれましたが、ここは日本ハム・
中島でしょう。

今宮は派手さばかりが目立つ選手です。

当たり前のように取れる打球も、今宮は
派手に取る。

中島は、難しい打球でも、簡単に取って
いるように見えるから評価されないの
かなあ。

なにもかもがおかしい。

「過去の貢献度」を軸に選ぶのなら、
こんな賞、廃止すべきだと思うのは
私だけでしょうか。

ここまで、突っ込みどころ満載だとは
思いませんでしたよ。

記者投票に頼るのはもうやめて、純粋
に守備率、あるいは、記録に表れない
貢献度とかで評価した方が誰もが納得
します。

来年以降、再考してもらいたいですね、
この賞の選考基準については。



*ゴールデングラブ賞の中のNo.1は
だれかと聞かれたら、私はこの選手を
選びます。・・・というか、歴代No.1
かもしれませんよ、セリーグの
セカンドでは。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

二塁手革命 光文社新書 / 菊池涼介 【新書】
価格:799円(税込、送料別) (2016/11/9時点)





posted by あらやまはじめ at 23:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北楽天ゴールデンイーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村