2016年11月05日

【報知新聞】呂明賜(ろめいし)さんのコラム、「あの時」は実に興味深いですね・・・退団には、台湾プロ野球の開幕が関わっていた?

ここ何日か、トレードの話題もあり、
久々に報知新聞を買う機会が増え
ましたが、その5面に載っている
コラムが実に興味深いので、当
ブログでも紹介しておきたいと
思います。

そのコラムとは、呂明賜(ろめいし)
さんによる「あの時」です。

呂明賜という名前を聞いて、「おー」
と思う人は少なくとも30代半ば以降
の人ではないかと思います。

「アジアの大砲」と言われた、台湾
出身の呂明賜さん。

当時の日本球界は外国人枠が今よりも
厳しく、一軍に出場できる外国人選手
は二人だけでした。

1988年、私は高校3年生になりましたが、
この年の開幕から、日本のプロ野球を
本格的に見ることになりました。

私は仙台に住んでいましたが、この頃は
ケーブルテレビなどなく、テレビで
見られるプロ野球は、毎日地上波で
放映される巨人戦がメインでした。

時折、当時強かった西武の試合が、
19時30分からテレビ朝日系列で放送
されることはあり、土日はNHK総合
テレビで他のチームの試合が流れる
こともありましたが、放映される9割
以上は巨人戦でした。

私は当ブログで以前より「巨人嫌い」で
あることを公言していますが、当時は
巨人戦を見るより他なかったわけです。

だから、巨人戦を見ては、相手チーム
を応援していました。

ですが、あれから28年も経つと、当時の
巨人の選手にも郷愁のようなものを
覚えるというのも、確かな話でしてね。

呂明賜という選手は、まさにその頃に
大ブレークした外国人選手でした。

当時の巨人には、野手ではウォーレン・
クロマティさん(今晩、「珍プレー
好プレー」に出演していましたね)、
投手ではビル・ガリクソンさんが
いました。

ですので、呂さんは一軍の試合には
出られなかったわけです。

ところが、この年、クロマティさんの
ケガにより、呂さんに出番が回って
きました。

すると・・・初打席でホームランを放ち、
その後、数試合でホームランを量産
しました。

(*かつて、私が連載していた「一面
コレクションブログ」にも載せています。↓)

・【1988年一面コレクション36】「明賜代わり」の巨人・呂の第1号ホームラン
http://arayama-ichimen.seesaa.net/category/14787257-20.html

・【1988年一面コレクション54】北海道シリーズで巨人の呂がホームランを打つも・・・
http://arayama-ichimen.seesaa.net/category/14787257-18.html


しかし、クロマティさんの復帰と共に、
出場機会は激減し、成績も落ちていき
ました。

翌89年には、一軍出場はわずか18試合
にとどまり、ホームランも2本であった
ことが、今日のコラム「あの時」にも
記されています。

私は90年1月から4年間、アメリカに
留学していましたので、その間の
日本のプロ野球事情については、
あまり知らないのですが、この間に
呂さんは巨人を退団していたんです
ねえ。

コラムには、「90年3月に開催した
台湾プロ野球のことも頭をよぎった」
とありました。

結果的に、90年11月の巨人の台湾遠征
後、呂さんは退団することに・・・。

そうだったんですね。

知りませんでした。

しかし、思い出すのは、88年6月〜
7月にかけての大ブレークです。

あの頃の呂さんは、「国民的英雄」
のような感がありました。

私は「巨人嫌い」でしたが、呂さん
だけは別格でした。

そういう外国人選手は、呂さん以来
いないかもしれませんねえ。

この報知新聞のコラム、「あの時」は
次週の報知新聞で連載されます。

このコラムを読むために、次週も
私は報知新聞を買う機会が増えそう
ですよ。



*上段、右から2番目に写っている
のが、呂明賜さんです。↓




posted by あらやまはじめ at 23:33| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村